宮島での無許可伐採は何が問題か

6月25日付の中国新聞の一面に「広島県、宮島で無許可伐採」の見出しの下に天然記念物の宮島弥山原始林が文化庁の許可を得ないまま、少なくとも33本の樹木を伐採していたことが23日、分った。との記事があり、社会面でも補足があった。24日の紙面には、県の記者会見を受けて、追加記事がある。
 島の住民から市に情報が寄せられ、廿日市市教育委員会から県に照会があり、特別天然記念物の無断伐採が判明したとのことである。このいきさつ、原因と今後の対策について、釈然としないものがあるので、考察をしてみたい。

1929年に史跡名勝天然記念物保存法に依る指定を受けたとの石碑。林床の低木・草本が見られないのは、ニホンジカによる食害が原因。
石碑付近のツブラジイ、板根がよく発達している。

事実関係について、
 新聞記事には基本的な情報が欠落している。まず、直接的な被害者(?)である土地所有者(地権者)が誰なのか。宮島の森林の大部分は林野庁所管の国有林(広島森林管理署の管内図)。次いで、環境省(中国四国地方環境事務所)所管の国立公園区域のはず。広島県地域の管理計画書によれば、宮島には4つの特定植物群落:⑧ 宮島小なぎり谷のヒトモトススキ群落、⑨ 弥山原始林、⑩ 多々良潟の塩沼地植生、⑪ 宮島のアカマツ林、があるが、土地そのものを所管しているのは「弥山原始林」だけではないだろうか。
 該当の土地が環境省所管であれば、工事内容を環境省の地方環境事務所と協議する必要がある。ところが、新聞記事では環境省ではなく、「文化庁の許可」が問題とされている。これは、同一の対象に対して、根拠法の異なる制限が重ねられているからである。

保護林に関係する法的枠組み、同じ対象に複数の傘(制限)が重なっている。
宮島の弥山原始林は人間が森林を守るよう指定されている。天然記念物の保護は「現状を変えない」のが原則。

上図は、いわゆる「縦割り行政」の制度を模式化して示したもの。宮島の森林のほとんどは森林法に基づく保安林、国立公園法に基づく特別区域、文化財保護法に基づく天然記念物に重複指定されている。さらに、ラムサール条約湿地(砂浜海岸、塩性湿地及び河川、ミヤジマトンボの生息地)、ユネスコの世界文化遺産(厳島神社の後背地、自然遺産ではない)に登録されている。
 法令・条例による規制が重なっている場合、最も厳しい規制が適用される。保安林制度は人間生活との調和を目指す「保全」であり、天然記念物は厳格な「保護」が目的であるから、天然記念物の構成要素に対する現状変更の許可を、事前に、得る必要がある。この手続きは結構面倒くさい。

原因と対策(私見)
 6/24、6/25の新聞記事を見ても、土地の管理者、政策(工事)担当者、施工業者のそれぞれの立場が明らかになっていない。県の担当者は過誤であると説明し、新聞記者は県の責任を追及するだけで、今後の対策が全く見えない。
 私は、県の担当者及びその上司が制度を承知していなかったのではないかと想像した。無知が原因であれば、隠す意図もなかったろう。人員不足で、組織が弱体化していると、県のOBからも聞いている。想像が正しければ、必要なのは職員の処遇改善と教育・トレーニングではないか。

「誤認」できる仕組みがあるのか?
  県の説明によれば、申請・許可がなされていると「誤認」したそうだ。私に言わせれば、最悪の言い訳である。10年位に島根原発で506カ所の点検漏れがあったとの報道があり、「点検計画表」に誤ったデータを入力していたのが、点検漏れが起きる原因となったと説明された。「点検結果が報告されなかったから、(時間切れで、)点検済みとなった」との、とんでもない説明が、そのまま新聞報道されたのでびっくりした記憶がある。会見に臨んだ記者は、説明資料をもらっただけで、寝ていたのか?
 しかるべき報告が無ければ、「点検計画表」は空欄のままで、点検済みとの誤認が生じるはずはない。代金の支払いを確認しないまま、506回も商品を渡せば、即クビだろう。

現場に問題はないのか?
 私たちが道を歩いていて、何らかの工事現場にあたると「確認の看板」がある。それを見て「工事の目的、期間、発注元、必要な許認可を受けたとの書類番号、工事責任者、連絡先の電話番号」などを知ることができる。現地にはそのような看板が無かったのか、等々、初歩的な疑問が多すぎる。マスコミが県の責任を追及するのであれば、事実関係を確かめて、きちんと報道してほしい。

2 thoughts on “宮島での無許可伐採は何が問題か

    • 中国新聞の続報によれば、管理者たる財務省の承諾も得ていなかったようです。やはり、担当者が手続き関係を承知していなかったという、単純ミスのようです。ただ、工事発注までに、多くのハンコが必要なはず、ちょっと信じられません。
       財務省所管の土地があるというのは知りませんでした。かつての国立公園特別区域は旧厚生省所管だったので、環境省に移行したものと思っていました。林野庁の資料によると、宮島の森林面積は 2,967ha、うち林野庁所管 2,393ha、他省庁所管 538ha、民有林 36haとなっており、他省庁のうち財務省所管が 421ha、これは都市公園区域とされています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください