常緑樹の開葉(1)

「山笑う」というのは落葉樹一斉に芽吹いた様のようだが、その少し前に、常緑樹が微笑む。

シロダモの開葉、若い葉は光沢のある毛におおわれている。
少し大きくなった若葉。毛の色と光沢は様々で、黄金色のものをキンショクダモというらしい。
タブノキは冬芽が大きいだけに、新葉も豪勢。
大きく開いたタブノキの針葉、後方の花序は花芽が開いたもの。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください