セリ科まで見直し

大橋広好・他(編)2017. 改訂新版 日本の野生植物 第5巻に従った見直しをセリ科まで行った。種の範囲、分布域が変更となったものが少なくない。

日本の野生植物 草本Ⅱ 離弁花類が1982年刊行だから35年たっている。この間、Flora of Japan, Vol. IIa が2006年に刊行されているわけだが、どうも、Flora of Japanの見解が引用されていないように思える。記述量は Flora of Japan の方が圧倒的に多いので、分類に関する見解が良く分かったのだげ、新野生5では分かりづらい。しかし、より新しい成果に従う他はないのだろう。

少し前の見直しから、索引からの飛び先を種単位にしている。従来は大まかな種群に飛んでいたから、より見やすくなったはず。ただ、飛び先のキーと索引の書き直しは手間がかかり、直しを忘れていた科もある。残りの3科のが終わったら、随時見直しを行い、写真の追加・差し替えを行う予定である。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください