キク科まで再見直し

新版、日本の野生植物に合わせて、キク科までの内容を見直した。

属の組み換えが多く、全体の配列順序を変えなければならなくなった。
分子生物学的成果を反映させることで、準来の体系を一新したとのキャッチフレーズを目にするが、実態はそうでもない。むしろ、近年の細分化から、古典的な分類に戻った感じも多い。

科の配列に大きく変わったものがあるが、元々根拠なくあてはめた、というものをきちんと納めることができたのではないか。目・科の配列替えが「腑に落ちる」というのが正直な感想。

分布域の北限が北に移動しているように見える。温暖化なのだろうか、調査が行き届いただけなのだろうか。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください