平成29年度「山菜アドバイザーの募集」が始まっています

ワラビ、ゼンマイ、タラノキ、コシアブラ、モミジガサ(しどき)、ツリガネニンジン(ととき)、チシマザサ(ねまがりたけ)など、春の山菜シーズンは一段落したところです。

山菜アドバイザーによる野外教室

レクレーションとしての山菜採りは楽しく、自然に親しみ、やまの恵みを実感する良い機会です。ところが、しばしば度を超して、問題視されることも少なくありません。一方、山菜採りや山菜料理で都会から人を呼ぶ試みも行われています。

山菜の文化的背景、ルールとマナーを守って安全に採取する工夫、種類を正しく見分けるための植物分類、栄養を理解した上での調理法、新しい料理、地域振興への結び付け等を体系的に学び、生産者・消費者の双方への気配りができるリーダーが必要です。このため、第7回「山菜アドバイザー研修」の受講者募集が始まりました。主催は「日本特用林産振興会」、「きのこアドバイザー」の研修と交互に行われるため、2年に1回の開催となっています。

研修は10月2日(月)から6日(金)までの5日間、東京で行われます。遠方の方には負担が大きいですが、交通費と宿泊を合わせた「セット・パック旅行」にすれば、交通費・宿泊費はかなり低減でき、宿泊予約も難しくありません。

山菜について、体系的に学べる唯一の機会ですので、民宿を経営されている方、地域おこし関係者、興味のある方は日本特用林産振興会の募集案内(2017.06.20現在、工事中)をご覧ください。

前回の紹介記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。