かしわもちのデータ更新

端午の節句が近づくとアクセス数が多くなる。かしわもちに使うカシワとサルトリイバラの輸入実績を調べて、グラフを新しくした。輸入元は中国のみで減少傾向にある。かしわもちの総需要量が減っているのであろうが、道の駅等の直売所の販売が増えてきて、サルトリイバラを使用するものが多くなったからではないか。

「本来はカシワの葉を使うのが正しいが、カシワが生育していないのでサルトリイバラの葉で代用している」という記述が郷土出版物にも見られたが、中央のマスコミ情報に踊らされることなく、それぞれの地域の伝統が復活している。そのため、輸入に頼らなくとも良くなったのではないか。

改正新版・日本の野生植物に対応した本編の見直しはザクロソウ科まで進んだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。