改正新版 日本の野生植物 4

この1ヶ月のバタバタ状態が一息ついたところ、「改正新版 日本の野生植物 4」が前触れなく届いた。本来ならば、昨夏に刊行されるはず、待たされた!

4巻は、アオイ科からキョウチクトウ科まで。これに従って、広島の植物ノート本編の見直しを始める。種類が多く、図版が10頁を超えるのは、アオイ科、アブラナ科、タデ科、ナデシコ科、ヒユ科、アジサイ科、ツツジ科、アカネ科、リンドウ科、キョウチクトウ科であった。どれも、私は良く知らないので助かる。ただ、旧版に比べて、写真の大きさが小さくなっている。より多くの種を詰め込んだから、やむを得ないのだろう。この巻の税別定価22,000円は高い。とは言え、写真を大きくして、巻数が増えるともっと困る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。