スミレ科まで、再見直し

「大橋広好・他(編)2016. 改訂新版 日本の野生植物 第3巻」に従って、記述や分布域の見直しを進め、スミレ科を終えた。
「Iwatsuki,K. & al.(eds.) 1995-2001. Flora of Japan, I-IIIb, Kodansha」では、分類単位が大きく捉えられていたのの対し、「野生植物3」は、より細かく分ける傾向にあるようだ。

記述の形式も少しずつ変わっている。和名については、標準的なものだけを先頭に置き、異名は行を変えることにした。名前が長くなる点と、文字列をコピーしたときに余計なものが含まれない様にするため。以後は、修正時に整える予定。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。