外来種のメリケントキンソウを追加

キク科の外来種、メリケントキンソウを追加した。数年前に、広島市中区基町の中央公園に注意喚起の看板が出ているのを見て、本編を確認したところ、完全に欠落していた。「 広島外来」、「植物誌補遺」の記述を見落としていたようだ。このとき、「刺の有る果実」が見つからなかったので、そのままになっていた。

注意看板_メリケントキンソウ

中央公園の注意看板、植物名は書かれていない。

 

メリケントキンソウ

10月末のメリケントキンソウ、夏を越して発芽したらしく、花・果実は無い。

今月になって、安芸高田市の「のどごえ公園」に多量に生育しているのを見つけたので、あらためて撮影し、果実が分かる様に、本編に掲載した。肉眼で刺は見えにくいが、刺さると大変痛い。センダングサ類の刺を細く、鋭くしたような形で、靴底に刺さって、種子散布するらしい。幼児を裸足で遊ばせたり、草の上を転がると大変危険、対策が必要である。

ショウブ目からイネ目の見直しを行い、タチドコロ、クモラン、タシロランミズトンボ、ヒメヒオウギズイセン、ニワゼキショウの異型、ヒメガマの写真を追加、ギンランの写真を変更、ガマ属の検索表を修正、いくつかの学名を変更した。

外来種のメリケントキンソウを追加” への2件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。