広島の植物ノートを野外で見る

広島の植物ノートの登載は、一応終わったので、修正と追加を続けて行くことになります。

大きな目標は、タブレットやスマートフォンを使って野外で参照すること。もちろん、電波の届く場所でスマートフォンを使えば、何時でも、見られるわけですが、私はガラケーしか持っていないので、Nexus 7の本体メモリに納めて、野外で重宝しています。

onTablethttp://forests.world.coocan.jp/flora/ のディレクトリ以下を、その機の内部メモリやカードメモリにコピーするだけで良い、フォルダ名はflora でも何でも良い。
データの総量は現在 90MB以下、写真数が倍になっても200MBには届かないでしょう。
サブディレクトリの /fig /fi2 /fi3 は写真、/issue は別冊記事 /huroku は古いごみ。
アクセス権限のない友人に試してもらったところ、問題なくダウンロードできたそうです。

念のために、書いておきますが、
 データや画像を「個人的使用」の範囲でコピーすることは、著作権を侵害しないので、自由です。しかし、これを、自分のウェブサイトやブログ上に載せる(出所を明示しないで)、コピーを他人に渡す、などは明白な著作権侵害となります。私はこの方面にうるさいので、違法行為にはしっかり対応させていただきます。他の人が欲しがったら、ダウンロードの仕方を教えてください。自分のコピーを複製してはいけません。

本体にダウンロードしたデータを見るのは、それぞれのブラウザーやhtml リーダーで、.html の拡張子が付いたファイルを読むだけです。
ブラウザーの中には、インターネット上のファイルは読めても、メモリ内のファイルは読めないものがあります。例えば、Android では、Chrome、Google がだめで、Firefox は読める。iOS は iPad で試み、断念しました。Windows は問題なし、html リーダーならば、どのOSでも読めるはず。
フォントの大きさ設定は標準や中とすることで、写真と文字のバランスがとれます。

今後の改善案として、以下を考えています。

  1. 写真が無い種に写真を付ける。もし、使わせていただける写真があれば、撮影者のクレジットを付ける条件で使わせていただきたい(トリミング、強く圧縮して使いますが、もとの写真はオリジナルに限ります)。
  2. 引用すべき文献があれが、追加する(現在、北広島町の種子植物を追加中)
  3. 種名索引を作る。現行の索引はGoogle が働いているので、ネットに繋がっていないと使えない。科名が思い出せないというボケ対策に必要。。
  4. 属以下の検索表を作る。現在は、私が少し解っているグループだけに有り、
    よくわからないグループと、よく分かっているつもりのグループにはない。
  5. 画面のスクロールで表示するのを6~8種(分類単位)に抑える。
    (科名索引の長さを超えない様にする)
  6. APGⅢ分類体系との並存は科名索引と相違が有る科の最初の頁で行う。
    (一時、体系によりで科名索引を替えていたが、初期表示はエングラーに固定)
  7. タブレットやスマートフォンにデータを落とすための機能(又はアプリ)を付ける。
    (更新されたファイルのみをダウンロードして、同期する仕様)

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください