平和大通りの樹木 その2 ツゲとセイヨウボダイジュ

ツゲの種類 (本編のツゲ属を参照

ツゲはわが国に自生する樹木で、古くから造園用に使用されている。保育社の原色日本植物図鑑.木本編Ⅰのp.254に書いてあるように、庭に植えられているものはヒメツゲと呼ばれる型で葉が細くやや薄い。これは、野生のツゲ(アサマツゲ)の変種と見なされているが、シーボルトが最初に見たのが栽培種であったため、

ヒメツゲが Buxus microphylla Siebold Zucc.として先に記載され、

野生種の方は Buxus japonica Müll.Arg. ex Miq とされた。

両種は同じ種の範囲に収まり、変種の関係になるので、先に発表されたヒメツゲを基本変種として、

野生のツゲを Buxus microphylla Siebold Zucc. var. japonica (Müll.Arg. ex Miq.) Rehder & E.H.Wilson とする。

この組替えを行ったのはアメリカの樹木学者アルフレッド・レーダーとイギリスの植物研究家 A.H.ウィルソン(屋久スギのウィルソン株で有名)。当時(1914年)には、アメリカやイギリスで造園植物として普及していたと思われる。

近年は葉が広く、秋に黄葉・紅葉する型が多くなっており、平和大通りや平和記念公園にも植栽されている。そして、ボックスウッド、セイヨウツゲ、スドウツゲ、アメリカツゲと呼ばれることがあるが、日本のツゲの栽培変種(園芸品種)である。セイヨウツゲに由来する栽培変種は葉が卵形、つまり最大幅の位置が中央より下(葉柄の側)になることで区別できる。

この栽培品種は、高知県の須藤信喜氏がアメリカより持ち帰り、1970年代に広まったとされている。日本のツバキがヨーロッパで品種改良され、カメリアの名で里帰りしても、決してセイヨウツバキとは呼ばれない。ツバキはツバキである。

アメリカでボックスウッド(boxwood)といえばツゲ属全体を指し、セイヨウツゲは common box、日本のツゲは littleleaf boxwood。

全米ツゲ協会のウェブサイトによると、ボックスウッドは アメリカ型の Buxus sempervirens と イングランド型の Buxus sempervirens ‘Suffruticosa’の2種類であるという都市伝説があったそうだ。そのため、須藤氏自身がアメリカの栽培ツゲを Buxus sempervirens と思い込んでいたのかもしれない。
実際には、
日本のアサマツゲ Buxus microphylla var. japonica
ヒメツゲ Buxus microphylla var. microphylla
  チョウセンヒメツゲ Buxus microphylla  var. insularis
中国の匙叶黄杨  Buxus harlandii
セイヨウツゲ Buxus sempervirens
などに由来する園芸品種が200品種以上登録され、約150種類が流通しているとのこと。平和大通りのツゲがどの栽培変種にあたるのか、識別できる資料を持っていないので不明であるが、種としては日本のツゲと同じであり、セイヨウツゲとは明らかに異なる。


シナノキ、ボダイジュの種類 (本編のシナノキ属を参照

鯉城通りと本安川の間にセイヨウボダイジュと名札のついた樹があるが、日本のシナノキである。今回、果実を見て確かめることができた。セイヨウボダイジュ、セイヨウシナノキは果実に硬い筋(肋)があり、乾燥すると稜になる。この樹の果実には全く肋が存在しない。

上八丁堀の官庁街に、明らかな外国種があると教わり、確かめるとヨーロッパのナツボダイジュ(別名セイヨウボダイジュ)であった。葉の上面、下面の脈上に毛が多く、果実には5本の肋が明瞭。本編にも葉と果実の画像を載せておいた。

果実を着けたナツボダイジュ

果実を着けたナツボダイジュ 果実に稜がある

日本ではヨーロッパのシナノキをドイツ語でリンデンバウム(Lindenbaum)と呼ぶことが多いが、ドイツの図鑑ではリンデ(Linde)となっており、リンデンバウムはリンデの樹という意味になる。英語ではライム(lime)、セイヨウシナノキはコモン・ライム(common lime)と呼ばれる。

⇒ 平和大通りの樹木 その1

⇒ 平和大通りの樹木 その3 南米からの贈り物

3 thoughts on “平和大通りの樹木 その2 ツゲとセイヨウボダイジュ

  1. 若林 様
    コメントありがとうございます。セイヨウツゲについては、日本の業界がこの和名を使わず、学名の読みのまま、”センペルウィレンス”としていることが誤解の原因ではないかと思っています(小学館:園芸植物大事典 3, p.214;アボック社:花名鑑(1) 2001-2002, p.10)。ちなみに、ウィキペディアの「セイヨウツゲ」の項目の右上(分類の上)の写真はB.microphyllaに見えます。英名の下にある葉の裏表を示す写真だけが正しいB.sempervirensのようです。
     以上の見解は、西洋の文献・図鑑を見れば直ぐに分かることなので、若林様が執筆される場合に私のサイトを引用するには及びません。「ヒントになった」という程度でしょうか。

    • 訂正します。
      「学名の読みのまま、”センペルウィレンス”としていることが誤解の原因」ではなく、
      「誤解を避けるため学名の読みのまま、”センペルウィレンス”としている」と解釈します。

  2. 垰田 宏 様

     初めてメールいたします。
     垰田様の広島の植物ノート本編及び別冊で、ボックスウッドがセイヨウツゲと呼ばれていることが多いが、日本のツゲを基にした園芸品種であり、学名は
    B.microphylla であるとはっきりと述べられているのを読ませていただきました。
     私は株式会社アスコットに所属しているものですが、弊社は樹木の名札(樹名札)などを製作しており、造園工事会社等からボックスウッドの樹名札の製作を依頼された場合に、B.microphylla で製作すると、B.sempervirens ではないかとの問い合わせが往々にしてあります。
     弊社は造園樹木の生産者の集まりである(一社)日本植木協会の賛助会員となっており、協会が編集、(一財)建設物価調査会発行の『緑化樹木ガイドブック』では、B.microphylla を採用していますが、インターネットなどでボックスウッドを検索すると、ほとんどがB.sempervirens を採用しているので、混乱が生じています。
     B.microphylla とB.sempervirens の違いを明確に記した書籍などの参考文献を見たことが無いので説明に窮する場合があります。垰田様がその違いをはっきりとお示しいただいたので、今後は迷うことなく説明することができると思います。ありがとうございました。
     なお、念のため、自宅にあるB.sempervirens の外斑品種の葉型を確認したところ、垰田様の解説の通りで、最大幅の位置は中央より葉柄側にありました。なお、植木協会で植物に詳しい方の話によると、B.sempervirens は日本では生育はあまり良くないとのことです。
     最後になりましたが、厚かましいお願いで申し訳ありませんが、(一社)日本植木協会が発行する業界紙に『緑化通信』というものがあり、その中で私も緑化樹木等に関するコラム的な記事を書かせていただいております。そのコラムの中で、ボックスウッドについて、B.microphylla とB.sempervirens の違いを書かせていただければと思っていますがいかがでしょうか。協会員の中にもその違いを明確に説明できない方も多いように見受けられます。
     当然出典については垰田様のお名前を明記させていただきます。ご理解いただければ幸いです。よろしくお願いいたします。
    以上

    ㈱アスコット 若林芳樹

若林芳樹 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください