シナノキ属を更新

広島市のデルタを東西に横切る百米道路は平和大通りと名付けられ、公園のような存在になっている。各地・国から寄贈された樹木も大きくなったものが多い。

植栽のいきさつが明確でない外国産樹木がいくつかあって、名ははっきりしないものがある。セイヨウボダイジュと名札のついたものが、どうも日本のシナノキと変わらないように見える。日本の図鑑類では外国産樹種との比較ができないので、栽培の可能性のある種を含めた検索表を作成した。こういうときに頼りになるのは、やはり、Rehder’s Manual、新しい情報については、RHS Dictionary、園芸植物大事典、Webサイトや各国の図鑑で形質を確かめた。

検索表を作ったので、シナノキ科(エングラー)を更新した。APGⅢ体系のアオイ科から進むと古い頁になってしまう点は未修正のまま。属以下の頁は、エングラー、APGⅢの両体系で、一つだけになるよう工夫する予定である。
別冊記事の内、本編の補足記事となるものは、同じ場所において、オフラインでも読めるようにしたい。第一号として、「ボダイジュという名」の記事を別冊から抜き出し、加筆して、参照できるようにした。

イネ科のうち、タケ類の頁を登録した。ササ類については、検索表を作る自信がないので、後回しになる予定。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください