ユキノシタ科を追加

ようやく、ユキノシタ科を追加。種数が多いため4頁に分割した。

花穂が長く伸びる草本では、花と葉がはっきり写っている写真が撮りづらい。たいていは花にピントを合わせているので、葉が良く見えないことになる。組み合わせ写真にしなければならないのだか、時間が得られなかった。ネコノメソウ属にも問題が多い、茎の上方の葉が大きいため、葉序が分かりにくく、根元の葉も見えない。花時と果時の姿も大きく違っている。そういうわけで、イワボタンと思われる植物の写真では、ボタンネコノメと識別することが困難であった。

図鑑類に書いてある分布域が、広島県を含んでいないものがいくつかある。広島県植物誌以降に書かれたものでも同じであった。これらについては、再検討が必要である。分布の表現についても、本州の太平洋側という記述は分かり難い。日本海側の多雪地帯との対比であれば、山陽地方が含まれるが、中央構造線の南側という意味では、山陽地方と北四国が含まれないことになる。ガクウツギやハガクレツリフネが広島県に分布していないのは、中央構造線が分布の境界になっているからであろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください