かしわもちの葉

端午の節句の「かしわもち」は、サルトリバラの葉で包んだ「もち」または「だんご」であり、「しばもち」、「かたらもち」と呼ぶ地域も多い。これは、広島県 (というより、関東などの一部を除いた日本) の常識である。

kasiwamoti-s

かしわもち(サルトリイバラの葉を使用)

ところが、本来はカシワ(ブナ科)の葉で包むのが「かしわもち」で、「西日本では、サルトリイバラの葉で代用する」という話が流布している。実は、全くのあべこべであって、サルトリイバラの代用としてカシワの葉を用いる方法が江戸時代に考案された。
中央の権力者による歴史の書き換え、地域文化の破壊例はいくつもあるが、マスコミの影響はもっと大きいのではないだろうか。カシワの葉で包むという東京(江戸)の新しい風習を流すのはローカル番組のはずだが、何故か、全国放送と錯覚してしまう。

江戸時代の風俗を記した「世事百談」(山崎美成、1844)に、「端午の日に、柏の葉に餅を包んで贈る習慣は江戸だけの風俗である。しかも、書物に現れないので、古くからの慣習ではないらしい。」とある(意訳)。これが、かしわもち江戸発祥説の根拠らしい。ところが、同書の後段には、秩父や西国ではサルトリイバラの葉で包んだものがあることを記し、「もともと、木の葉はすべてカシハであり、どの葉でも餅を包めばかしわ餅という」などとも述べている。

かしわもちに用いる葉の種類と餅の呼び方 (垰田 2004、特産情報 25(10): 22-23)

かしわもちに用いる葉の種類と餅の呼び方 (垰田 2004、特産情報 25(10): 22-23)

つまり、江戸時代以前には、里山の林縁に普通に生えているサルトリイバラの葉が広く使われていたのだが、大都会である江戸では多量の葉を集めるのが困難であり、代替品が必要となった。それがカシワの葉である。ところが、参勤交代で江戸詰めとなった地方出身者には評判が良くない。そこで、力シワの葉が新葉の開芽を待って落ちる性質を捉え、縁起が良い樹という宣伝をした。「土用の丑の日にウナギを食べる」というのと同じ。
武家の本音をとらえた商人のアイデアである。枯れ葉になっても家系を守りたい。世間の慣わしを取り入れるのならば面子は立つ。そういうことらしい。

ところで、端午の節句を現代の暦に当てはめると、早くて5月28日、遅いと6月25日になる。サルトリイバラの葉は十分に大きくなっている。中国山地のカシワの葉も展開しているだろう。

⇒ 特集-Ⅳ かしわ餅のまとめ

16 thoughts on “かしわもちの葉

  1. ピンバック: 美しい山容と文化の山 三瓶山/島根県(18年5月) | ふじはら里山案内所

  2. ピンバック: かしわ餅の原材料表記 | 広島の植物ノート 別冊

  3. ピンバック: かしわもちの葉は何処から? | 広島の植物ノート 別冊

  4. ピンバック: かしわ餅の葉、2012年の輸入量、新しい輸入国が出現 | 広島の植物ノート 別冊

  5. ピンバック: かしわもちの葉 2012年追記(5) 季節別・種別の葉 « 広島の植物ノート 別冊

  6. ピンバック: かしわもちの葉 2012年追記(3) 多数の方言名  « 広島の植物ノート 別冊

  7. 岐阜県の各務原市のあたりでは、「がんどぼち」もしくは「がんど葉もち」といいます。

    私の家では、 田植えがすんでから作りました。 私が小学生なる前の5才のとき、 がんどぼちを作ってくれと母にせがみましたら、 「それなら、がんどの葉を採ってこい」といいました。 

    そこで、 私は、 一キロほど離れた山のふもとまで、 ひとりで歩いて行き、 がんどの葉を採って、帰路につきました。 そうしたら、 母があせって自転車で私を探しに来たのに出会いました。 母はまさか私が1人で山のふもとまで行くとは思わなかったということでした。

    • ご投稿が細切れになるとのこと、こちらで繋ぎました。

      お話の例は、駄々をこねる子を黙らせるために難題を課したということでしょうが、「かしわもち」の葉を集めるのは子供の役目、というのが一般的だったようですね。

  8. おはようございます。
    昨日の新聞でサルトリイバラのスケッチをみて、私の小さい時はこの葉で柏餅をつつんでいたなーって思い出しました。柏餅の葉と呼んでいたので正式名をしりませんでした。
    写真でしっかり思い出しました。
    ありがとうございます。

  9. ピンバック: かしわもちは、葉で包んで蒸す « 広島の植物ノート 別冊

  10. 情報をありがとうございます。
    まず、「柏餅(Wikipedia)の写真(贈答用の柏餅と葉)」は人工的に見えます。本物の葉だとしたら輸入ものを人工着色したのではないでしょうか。いずれにしても、この記事には出所・出典が何も書かれていないので、論評できません。

    福井県 むらの達人 [ 二州 ] かしわもち 川島サツ子」の方は伝統的な作りのようです。「農山漁村文化協会(1987)日本の食生活全集 18. 聞き書き 福井の食事」の若狭中山間の食(取材地:遠敷郡上中町)に写真入りで載っています。もち米の粉を多く使うこと、カシワの葉を2枚使うことが特徴のようです。そして、この葉は長楕円形から長楕円状倒卵形で、ナラガシワのように見えます。

    ナラガシワカシワの葉の写真は本編のブナ科 Fagaceae – 2 にありますし、普通の植物図鑑で見ることができます。

    福井県の例にありますように、元々のかしわもちは農作業と結びついたもので、贈答用が起源ではありません。普通に考えれば、誰でも気がつくことです。

    なお、掌状葉というのは、ふつう、ヤツデの葉のような形を指します。

  11. 私が食べているかしわもちの葉は、柏餅(Wikipedia)の写真(贈答用の柏餅と葉)にあるような葉です。

    このサイト:福井県 むらの達人 [ 二州 ] かしわもち 川島サツ子 agri-net.pref.fukui.jp/tiiki/densyou/tatujin/…/kawashimasatuko.html
    の写真の葉と形がまったく違います。 

    色々調べたかしわの葉も川島さんと同じような葉でした。

    何が違うのでしょうか?

    私が質問したら、こいう答えをよせてくれた方もいました。

    「こういう形の葉を掌状葉といいます。手を広げた形だからです。なおカシワの葉は紅葉しません。茶色になり、ぱりぱりとなって枯れても木についたままです」

    掌状葉のほうが葉の形を言い表しています。
    倒卵形は、上記福井さんの写真の葉が適切ですが、
    私が食べる柏餅の葉このような葉でありません。

    中国から輸入されているからでしょうか?

  12. 「槲」とはカシワのことでしょうか。中国名「柞栎(柞櫟)」の別名に「槲樹」というのがありますから、日本のカシワと同じ植物と思われます。しかし、わざわざ中国語で書く必要はありません。

    カシワの葉のように、最も幅が広い場所が中程より先の方にある形は「倒卵形」で通じます。ごく若い時期を除いて、倒卵形は変わりません。

    静岡市の平地にはカシワの自生は無いと思います。火入れ草原の周辺では、コナラやミズナラがうまく生育できず、カシワが優占する傾向があります。富士演習場の周辺ならばあるのではないでしょうか?

    九州のくじゅう高原には大群落があります。中国山地にも多いです。長い間、放牧のために火入れが行われてきたためです。

    百科事典を標榜するサイトで「近畿圏以西では、カシワの木が自生しておらず」とか
    『「柏」の字は本来はヒノキ科の針葉樹コノテガシワを指す漢字』などと、いい加減な内容が断定的に書かれています。どんな図鑑を見ても、すぐに分かることなのに、確かめていません。
    ちなみに、コノテガシワの中国名は「偏柏」で、「柏」はCupressus funebris (シダレイトスギ)を指しているようです。

  13. 槲の葉を見ると変わっていますね。
    その形はなんと言う形なのですか?
    楕円形と腎形の中間のような形してますね。
    私の住んでいる静岡市では槲の木があるのかな?
    木を見た記憶がないのですが。

    若葉は、成長しても同じ形で紅葉していくのですか?
    それとも先端が成長して楕円形になるのでしょうか?

  14. サルトリイバラの代用としてカシワの葉を用いる方法が江戸時代に考案された。

    なるほど・・・
    面白いです。
    採取の位置からみたら、サルトリイバラのような
    背の低い木から先にとりますね。
     子どもの仕事だったかも・・

  15. ピンバック: かしわ餅、柏餅、いばら餅の葉は何か? « 広島の植物ノート 別冊

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください