「ままこな」の名の由来

前回述べたように、ママコナの名の由来は、花の下唇上にある「2つの白いふくらみ」にあることは疑い様がない。

昔、私が教わった「ままこばなし」のあらすじは、以下の通り。

① 継母の育児放棄で空腹に耐えかねた幼児が、釜に残っていた飯粒を食べた。
② それを見つけた継母が、問い質したが、幼児は必死に口を閉じて答えない。
③ 幼児の口を無理やりこじ開けると、舌の上に飯粒が2つ残っていた。
④ 怒った継母は、釜の中に幼児を閉じ込め、殺してしまう。
⑤ 遺体は山に埋められる。
⑥ その場所に見たことの無い草が生え、花を咲かす。
⑦ 花は舌を伸ばし、その上に飯粒が2つ、くっついていた。
⑧ これを見た継母は腰を抜かし、動けなくなってしまった。

よく似た昔話に、次のものがある、
1.長崎県の 「まま子花」 (山口麻太郎.1973.長崎県壱岐島昔話集,三省堂)
2.奈良県の 「ウツボグサの花」 (高田十郎.1933.大和の伝説,大和史蹟研究会)
どちらも、野村純一・松谷みよ子(監修)2001.いまに語りつぐ日本民話集 第4巻 おしゃべりな植物たち、作品社、東京. で読むことができる。

上記の 「まま子花」の話は、省略され過ぎではないか。継子が植物に変化する理由と、継母に天罰が下る部分は伝えて欲しい。また、子供が「米ば たった二粒、舌ン上エのせただけです」と言い訳をしたというのも腑に落ちない。しゃべる位なら飲み込めば良いはず。幼児の必死の抵抗は沈黙以外に無いだろう。

「ウツボグサの花」は、現在のママコナとウツボグサの2種の植物の違いとするならば、良くできている。しかし、ウツボグサの下唇に米粒模様は見当たらないので、他の植物かもしれない。

渡辺泰邦先生の「広島県の植物方言と民俗」(2011、シンセイアート、庄原)を見ると、ミズキ科の低木であるハナイカダの地方名としてのママコナはあるが、ゴマノハグサ科のママコナはない。全国的に見ても、「ままこばなし」が多く伝承されているのは、ハナイカダの方である。

八坂書房・日本植物方言集成にはハナイカダの方言名として、ママコナがあり(三重、岡山、熊本、宮崎、鹿児島)。さらに、同じ語源と思われるママコギ、ママコデ、ママコノテなどが全国に分布している。

ハナイカダの「ままこ」の由来は、葉の上にできた黒い果実を、意地悪をされた継子の手のひらにできた火傷に見立てたもの。ハナイカダの若葉は食用にされるから「ままこ菜」でよい。

ママコナは食べないので、元々は「ままこばな」だったのだろう。ハナイカダの「ままこな」と混同してママコバナがママコナと呼び習わされるようになったのではないだろうか。

「ままこな」の名の由来” への6件のコメント

  1. たびたびすみません。ご参考になればと。
    いま、勤務先の図書館であらあら見ました。昔話研究で役に立つ昔話のインデックスは関敬吾『日本昔話大成』全12巻(1978-1980、角川書店)と稲田浩二・小澤俊夫『日本昔話通観』全31巻(1977-1998、同朋舎)です。「継子菜」の昔話は、後者に登録されていました。
    日本昔話通観番号第477番です。じつは通観は、全体の番号と、各都道府県(巻)ごとの番号とが違います。ややこしいことになっています。
    資料編の
    第6巻(山形)第933番、
    第13巻(岐阜・静岡・愛知)第563番、
    第14巻(京都)第401番、
    第15巻(三重・滋賀・大阪・奈良・和歌山)第390番、
    第16巻(兵庫)第470番、
    第17巻(鳥取)第517番、
    第18巻(島根)第535番、
    第19巻(岡山)第635番・659番、
    第24巻(長崎・熊本・宮崎)第635番、
    第27巻(補遺)第477番
    が「継子菜」に該当する昔話だということです。それぞれの巻に当たって調べると、詳細がおおよそは分かります。中部~西日本に多いようですが、第6巻は東北です。何と、広島がない。ひょっとすると、補遺に入っているかも知れません。昔話採集者は、昆虫採集者や植物採集者に比べて、さらに絶滅危惧種でして、昔話の分布は、昔話採集者の分布を表すという笑い話があるくらいです。なお、私は日本でも有数の昔話集コレクターだと(おそらく)思います。原資料に当たりたいときは、お申し出ください。ないものはないですが。

    • 重ね重ねありがとう存じます。
      一時期、大きな図書館で、かなり調べてみたのですが、ハナイカダの“継子菜”の方が多く、ママコナの例は記事に書いた通り、壱岐島と奈良県だけでした。やはり、多いですね。
       もう一つ、多くの人が間違っているのは“米”と“飯”の混同、米粒は「コメ、ヨネ」であって、“飯”でなければ「ママ」にはなりません。だから、壱岐島の話から「飯子菜」にはならず、「継子菜」にしかなりません。

      • そうでしたか。
        ということは、もうかなり調査済みですね。
        中村氏の報告は、ハナイカダをママコナと呼ぶ西城町(岡山の哲西町から嫁入りした方)の事例でした。
        植物研究者に昔話研究までウィングを広げる方がいるのは、心強い限りです。
        ありがとうございます。

  2. 初めまして。シュレーゲル雨蛙と申す架空のモノです。継子草の昔話について、ご報告があることをいま知りました。と言うのは、御存じと思いますかも知れませんが庄原市の中村慎吾氏が「ママコナの語源」を書いていらして野村純一が1980年に西城町で聴いた資料が報告されていました。1980年、私が学生時代、私は野村らと共に西城町・東城町の昔話採集をしておりました(野村(1935-2007)は私の指導教員でした)。で、あれま、と思いぐぐってみました。
    中村氏は広島の植物ノート別冊をご覧ではないようです。子どもの食べ物を巡る昔話には「赤米悲劇」などもありますが、「継子菜の由来」は従来の昔話研究ではそれほど注目されていません。当方も少し調べてみようと思います。中村氏にも教えて差し上げようかと思いました。ではまた。

    • 再追加)中村氏の文章は『比婆科学』260号、2017年、比婆科学振興会に掲載されました。抜けていてすみません。

      • ありがとうございます。
        ママコナの語源について、ヒコビア植物観察会の例会で話したところ、「中村慎吾氏も同様の話をされていた」と伺ったことがあります。残念ながら、最近の『比婆科学』は拝見しておりません。(近くの図書館に無いので)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。