広島県植物図選Ⅰ~Ⅴ

井波一雄氏の描画による広島県植物図選Ⅰ~Ⅴをようやく入手したので、本編中に引用することにした。
第Ⅰ巻が出版されたのが1981年、第Ⅴ巻が1990年である。第Ⅲ巻が発行された後の1986年に岩槻邦男先生が「植物分類地理」上で紹介されている。この頃、私は熊本に住み、九州の造林研究に携わっていた。広島へ帰ることができるかどうか不明であり、必要なときには何時でも入手できると考えていた。広島ならばすぐに購入できると考えたのは甘かった。やはり、気づいたときに求めておくべきである。タイトルに「広島県」と入っているため他地域では売れないのかも知れないが、図鑑として第一級のものである。
「広島県の山野草」の2巻も全部引用することにした。あわせて、明らかな間違いと思われるものはその旨を書く。これは、同書の写真が良いからこそ可能となる。手ごろな図鑑としての価値が高まることを願っている。
広島県植物誌より後に刊行された地域植物誌も全部引用すべきであるが、すべてに目を通すゆとりがない。「広島県東城町植物誌(2004)」は詳しく参照して、必要なものは落とさないようにしたい。
昨年出版された、関太郎先生の「野の花ズームアップ(2009)」のうち、県内産の種類はもらさず引用する。他で見ることができない花や果実の拡大写真と要を得た記述は大いに役立つ。

ミチノクフクジュソウとシコクフクジュソウ

本編の見直しで、フクジュソウ属オウレン属を詳しく見直したが、分類は難しい。

ミチノクフクジュソウ (Nishikawa & Ito, 1989)は、花を側面から撮影した写真でなんとか識別可能だろう。
シコクフクジュソウ (Nishikawa & Ito, 2001)はちょっと難しいが、自生地は限られている。
「日本の野生植物 草本Ⅱ」のPL.74-1はミチノクフクジュソウとのこと、この場所は私が写真を撮った場所と同じかもしれない。国道に面した田んぼの畦斜面に、一面に咲いていた。農業のための草刈を普通に行っているだけ。希少植物とか絶滅危惧といって騒がなければ普通に持続するように思われる。

ミチノクフクジュソウ

水田わきの斜面に群生するミチノクフクジュソウ

シコクフクジュソウのタイプ産地の大豊町南大王は、勤務地が高知市であった頃、たびたび訪れた場所である。2003年2月15日の写真は福寿草祭の期間に出かけたもの。

この期間はにぎあう。大都市近郊ではないので、客は多くはないが、受け入れ側は総出のようす。
男衆は道案内と駐車場の整理、
女衆は神社境内の集会所で接待。
寒い時期だから、熱いうどんが有り難い。
訪問者があまり多くない(当時)からのんびりして、実にいい。地元の人との会話も充分にできる。
ここには、日本では珍しい発酵茶の碁石茶を作る伝統があり、それをいただいた。当時、売るほどはできないとのことであったが、最近では特産物として商品化され、近くの道の駅で販売されているほか、通販で求めることができるようだ。

シコクフクジュソウ

南大王のシコクフクジュソウ

棚田の周辺に自生していたフクジュソウを皆で増やした。他所から持ってきて植えたものではない。現在は5万株に達しているそうであるから、野草マニアのランクは下がっているだろう。普通に接していれば絶滅のおそれはないと思う。

植物ノート本編の見直しは、キンポウゲ科までおこなった。いくつかの間違いを直すと共に、あいまいだった点を整理した。PC側のキャッシュデータを消さないと、更新したデータが読めない。インターネットエクスプローラでは、「ツール」メニューから「閲覧の履歴の削除」を選んで、「インターネット一時ファイル」にのみチェックを入れ、「削除」ボタンを押す。その後の読み直しでは、更新したデーが表示されるようになる。

イラクサ科まで見直し

本年に入って最初から見直しを行い、イラクサ科までを書き直した。
体裁を統一した他に、雌雄性の記述、間違いの訂正を行っている。訂正箇所は多い。直したものでは、70点位にはなっただろう。

サーバのファイルを書き直しても、見る側に反映されないページがあった。ローカルPCのキャッシュに保管している内容を再表示するだけで、サーバを読み直しに行かないためだ。

ファイル構造に欠陥があって、フレーム構造で頁を作っていると、再読み込み(リロード)を行っても、フレーム構造を指定している親ファイルのみが読み直され、実際のページまでは、読み直されない場合もあるようだ。もちろん、何日かを経れば、読み直しは行われる。

使用しているブラウザに該当フレームの更新を行うコマンドがない場合には、目次の科名を右クリックして、新しいタブまたは新しいウィンドウに該当頁を読み込み。そのページで再読み込みボタンをクリックすると更新されたページが表示される。

植物相の地域区分

分布範囲を表現する地域名について、ずっと悩んでいた。「広島県植物誌」では、島嶼部、沿岸部、吉備高原面、中国山地となっていて、気温の分布に対応した区分である。どうも、これだけでは表現し難い。吉備高原面のうち、石灰岩特有の植物が見られる帝釈地域、県西部の高原面では様子が違うのではないか。

広島県が使用している「圏域」というのは、市町村と交通網によって区分したようであり、しっくり来ない。この40年間、全く開いたことが無かった「広島県の農業地帯」に良い図があった。この区分に用いられている気候図と、広島地方気象台が作成した現在の気候図(気温分布、降水分布図)とはかなり異なっていて、旧い区画のままでは心もとない。しかし、自分自身の感覚にはぴったり合うので、これを使用することにした。ただし、区域の呼称は少し変えた。農業図説の「寒冷地帯」と植物誌の「中国山地」の東部、西部は「備北山地」、「芸北山地」の方が分かりやすいだろう。一般的に使用されている。ただし、「備南」という表現は聞かないし、「芸南」といえば、呉から竹原あたりを指す。これは、西部沿岸地とした。「神石高原」、「世羅台地」はなじみがある。西条地帯という表現は聞かないので、西条盆地かと思ったが周辺まで含んでいるので、「賀茂台地」を採用した。三次地帯は多霧、少霜を特徴としているので「三次盆地」。東北部山間地帯と西部山間地帯は特徴づけが難しい。それぞれ、「東部山間地」、「西部山間地」とした。西部山間地は東部の可愛川流域、中部の太田川流域、西部の木野川の各流域で分けるべきだろう。

以上の地域区分図と地域の特性表を本編に置いた。

本編の更新は、ヒノキ科(スギ科を含む)とコウヤマキ科を追加した。

七草がゆの材料

野菜売り場に「七草」のパックが並んでいる。我が家の近くのスーパーでは県内産と他県産が一つずつであった。昨年は、県内産2ヶ所だったと記憶している。パック詰めで残念なのは、特定の種類だけが多くて、形だけのものが混じっていることだ。おおむね、ハコベが多く、約半分を占めている。ビニールハウス内にいくらでも生えるからだろう。ハハコグサ、コオニタビラコ(ほとけのざ)はごく少量、ダイコン(すずしろ)、カブ(すずな)も案外少ない。

コオニタビラコ

ななくさの「ほとけのざ」はコオニタビラコ、3月下旬にならないと見つけ難い。

実際に、昔の人は7種類の「七草」を用いていたのだろうか。以前に調べたことがあるので、一部を紹介する (山の特産と文化 (22) 春の七くさ. 特産情報 27(6): 28-29, 2006) (「特産情報」という雑誌は林業・林産関係、シイタケ関係の組織や団体にあります)

  1. 昔の呼び方
    そもそも、「ななくさ」とは、「七草」ではなくて「七種」のはず。室町時代末期に書かれた「世諺問答」によると、
    質問: 正月七日にあつ物を食べるのはなぜか
    回答: 正月は小陽の月であり、七日も小陽の数である。そこで、朝廷から個人の家まで宴会をする。その日にあつもの(汁物)を食べるのが病気にならない方法との説があり、中国の荊楚記にもそう書かれている。延喜十一年の正月七日に七種の若菜が宮中に供せられたという記録がある。七種の若菜とは、ナズナ、ハコベ、セリ、ゴギョウ、スズシロ、ホトケノザ、など。北野天神でも和菜の汁物が作られていたので、昔からのことであろう。(意訳)
    七種の植物は、「せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ、これや七くさ」という古歌に基づく。ゴギョウとはハハコグサ、仏の座とはキク科のコオニタビラコという牧野富太郎の解釈が定説となっている。しかし、「仏の座」と「田びらこ」が併記されたり、タビラコの代わりにミミナグサが入った古文書もあるようだ。
  2. 実際の材料  (全国)
    昭和初期の食生活の聞き書き(農文協・日本の食生活全集)を調べたところ。全国の三百十八地域中、七草の記述があったのは北海道から鹿児島県奄美大島までの百六十七地域。多くの地域では、七種であれば種類を問わないか、あるだけの青菜を使っていた。下に、結果のグラフを示す。
    これによると、古歌の七種に含まれる野生植物では、ハコベが14位、ハハコグサが17位、タビラコはやっと29位に過ぎない。
  3. 広島県では?
    上述の「聞き書き」から、広島県内と隣接地域を抜き出してみると、以下のとおり:

    1. 瀬戸内沿岸・島しょ、中部台地、広島湾沿岸の3地域には記述が見つからない。
    2. 東部高原(神石郡油木町)  七日は七か日といって、朝、もちを入れたおじやを食べる。
    3. 備北山地(双三郡君田村)  七日は「七日正月」といい、七日ぞうすいを食べる。ほんとうの七草は手に入らず、雪の下に芽を出したものがあれば使うが、見つからないと、漬物のかぶの青い葉を使う。
    4. 芸北山間(山県郡芸北町)  七日の七草には、七草がゆを炊く。まだ雪が深く七草はそろわない。すずな、すずしろの二草だけのこともあれば、それにせり、なずななどを加えて四草にすることもある。
    5. 中国山地(岡山県真庭郡中和村)  雪の深い時期なので、七草全部はとれないため、ごぼう、にんじん、大根などのありあわせの野菜を入れることが多いが、せりだけは、わずかな量でも必ず入れる。
    6. 吉備高原(岡山県久米郡久米南町)  一月六日は摘みぞめ。せり、なずなだけあったら七草のかわりをするといって、この二種類は必ず摘み、残り五種類はあれば摘む。
    7. 山代(山口県玖珂郡錦町)七草は決まっていないが、せり、なずな、大根、ねぎ、豆腐など七種類入れて、醤油で薄味をつける。

○ 要するに、何でも良いのだ!ダイコン、セリ、地域の青菜、ナズナ、ニンジン、ゴボウ、カブ が日本全体の標準。ナズナだけは野外で採ってきて、あとは、広島菜(漬物でもよい)、ネギ、大根の葉、ゴボウ、ニンジン、サトイモなどの根菜を入れるのが「伝統的」で、「栄養学的」に正しいのではないだろうか?

データを集めた「農文協:日本の食生活全集」は非常に良い資料で、主要な図書館にはあります。各県別になっていて広島県のものは「聞き書 広島の食事」(ISBN:978-4-540-87066-8、2900円)

ななくさの実態