樹木の種苗移動ガイドライン

IMG自然林の中や周縁部に樹木を植えたがる人が少なくない。広葉樹林の中に針葉樹とか、明らかな外来種ならば植えたことが判るからまだ許せるが、その地域に分布していそうな樹種を植えるのは、とんでもない自然破壊ではないだろうか。国定公園区域の中核部分にもそのような例が見受けられる。

同じ樹種であっても地域によって遺伝的に異なる集団があるから、むやみに種苗を移動させてはならないという法律がある。林業種苗法」(昭和45年法律第89号、最終改正:平成26年法律第67号)。この法律には、以下の条文がある。これは、「健全な成長」のための規則であって、「遺伝子攪乱を防ぐ」という概念は乏しい(無い)。

(種苗の配布区域の制限)
第二十四条  農林水産大臣は、造林の適正かつ円滑な推進を図るため特に必要があると認めるときは、農林水産省令で定めるところにより、一定の区域(外国における一定の区域を含む。)において採取され、又は育成される種苗について気候その他の自然条件からみておおむねその樹木としての生育に適すると認められる区域を配布区域として指定することができる。
2  生産事業者及び配布事業者は、種苗につき前項の配布区域が指定されているときは、当該配布区域以外の区域を受取地として種苗を配布してはならない。ただし、林業の試験研究の用に供する場合その他特別の事情がある場合において農林水産大臣の承認を受けたときは、この限りでない。

具体的な「配布区域」は、昭和46年農林省告示第179号(最終改正:平成22年農林水産省告示第545号)で示され、すぎ、ひのき、あかまつ、くろまつの4樹種について、種苗の移動を制限している。

広島県の場合は、北部(旧山形郡、旧高田郡、三次市、庄原市、旧比婆郡)と南部に区分けされ、それぞれ、スギの第四区と第五区、アカマツの第三区、クロマツの第一区と第二区に分類されている。そして、北部を起源とする種苗は北部・南部で植栽することはできるが、南部を起源とする種苗は北部に持ち込むことができない。ヒノキは県内全域が第二区なので、県内の移動は可能。(県外移動については告示を参照)

この考え方広葉樹にこそ必要なのだが、上記の告示はいわゆるネガティブリストであって、表に書かれていない樹種は移動が可能である。情報が十分でなければ、安全策として「原則移動禁止」、指定樹種のみ可能というポジティブリストであるべきと考えていた。

「樹木の種苗移動ガイドライン」は、広葉樹を含めた主要43樹種について遺伝子攪乱を防ぐために、どの地域由来の種苗を使うのかを示したものである。もちろん、できるだけ同じ地域の種子を使うの原則であるが、入手が不可能な場合に代替できる範囲を示したものと心得るべきである。

ブナを例にすると、広島県内に植栽する種苗は中央構造線より北側の中国地方西部、四国北部、九州北部に限る。島根県東部、四国中央部、九州中部のものは決して持ち込んではならないことが、明瞭に図示されている。

樹種によっては情報が十分でないものがあるが、安易な種苗の持ち込みが良くない結果をもたらすであろうことは解るはずだ。

津村義彦・須山佳久(編)地図でわかる樹木の種苗移動ガイドライン、170頁、文一総合出版、5,500円+税.

 

ヤブラン属とジャノヒゲ属

本編にヤブラン属ジャノヒゲ属を登録した。両属とも、エングラー分類体系ではユリ科、APGⅢ分類体系ではキジカクシ科に属する。受精後に、子房の壁が伸びないため、種子が子房壁を破って裸出したまま大きくなる点は共通である。つまり、果実のように見えるものは種子そのもの、紫黒色に熟すのがヤブラン属、鮮やかな瑠璃色になるのがジャノヒゲ属。

ジャノヒゲの種内分類については良く分からない。カブダチジャノヒゲはナガバジャノヒゲの別名と思っていたら、そうではないらしい。しかし、変種に区分できないという意見はあっても、カブダチジャノヒゲとナガバジャノヒゲを別々に認める、あるいは同じ変種とするという意見は見当たらなかった。分からないものについては、Flora of Japan に従うつもりだが、単子葉類の巻Ⅳa、Ⅳb が未だに刊行されない。Ⅳbは本年3月という予告であったが、確かめると、9月に伸びている。「野生植物 Ⅰ」が1982年刊行であるから、30年超えてしまった。Flora of Japan刊行後に、本編の総見直しをしなければならない。

葉の長いもの(ナガバジャノヒゲ)が暗い林床に生育するのではなく、暗い場所だから長くなって、日なたでは短くなる(ジャノヒゲ)のかもしれない、しかし、走出枝(stolon, runner)の有無は、固定した形質のように思える。

ノシランは沿岸地に多い大型の植物で、花茎が強くのされているから解かり易い。島根県、山口県の沿岸部には普通に見られるが、広島県ではごく少ない。周防大島が冬季の湿潤な季節風の障壁となっているのではないか。

春の野草祭を地図にする

「植生データベースと関連プログラム」のページを刷新、FVD5、 FVT5、FVmap を更新した。

植生データベース用のアプリを昨年春に更新、関係者には使ってもらっていたが、使用説明書の作成に手間取っていた。しかも、ヘルプファイルの作り方をすっかり忘れてしまったので、Web頁での説明に替えた。合わせて周辺事情の説明も一新したつもりだが、見栄えはほとんど変わっていないようだ。

大きなデータベースの構築が世界的に進んでいて(Dengler, J & al., Vegetation databases for the 21st century, Biodiversity & Ecology 4: 1-447(2012) )、
Global Index of Vegetation-Plot Databases (GIVD) によると、約200のデータベースに、2,917,986地点のデータが蓄積されている。この中には、日本のPRDB 39,287点が含まれている。

植生データベースは関係する研究者以外には役立ちそうもないが、三面分布図を描くアプリのFVmap は応用が利く。ちょっとしたデータを貯めておけば、様々な分布図が描ける。

野草祭り

春の野草祭(2013)

上図は、日本各地で開催されている野草を対象にしたイベントが開催される場所をプロットしたもの、データソースはインターネット上に公開された、昨年までのものである。FVmap に読ませた元データは以下の通り、 拡張メッシュコード; 注釈 の羅列。

フクジュソウ
54383071.07; 松本市四賀地区赤怒田 松本市四賀の福寿草祭り
54377647.08; 白馬村 白馬さのさか 姫川源流福寿草まつり(4月 全国的に有名)
55382314.04; 木島平村 原大沢地区 御魂山(みたまやま) 公園
54383114.08; 上田市 (旧武石村)福寿草まつり
54380015.10; 諏訪市 板沢区「福寿草の里」(4月 10万株)(南信エリア)
53387071.08; 辰野町 沢底 有賀峠 福寿草まつり(2月)(南信エリア)
53370589.07; 阿智村伍和、寺尾の福寿草
56394644.04; 喜多方市山都町沼ノ平地区 福寿草まつり
50335623.06; 大豊町南大王
52332241.03; 広島県庄原市東城町久代 為重地区 ためしげ福寿草まつり
55406543.04; いわき市  三和の里 福寿草まつり
53387796.05; 埼玉県秩父郡小鹿野町両神小森)四阿屋山(あずまやさん)
54380684.05; 上野村 村天 野栗前山の福寿草自生地 上野村大字新羽字前山806・807
54372003.07; 岐阜県高山市清見町大谷
54390070.02; 秩父市吉田 沢口地区
54382690.03; 虻田福寿草祭り 下仁田町大字中小坂2600番地
60395786.00; 青森県西津軽郡深浦町大間越釜屋沢福寿草公園 岩崎村「福寿草の里」づくり
;福寿草まつり(植栽)
65426316.01; 旭川市 突哨山 男山自然公園
54391310.00; 国営武蔵丘陵森林公園
54402058.02;「筑波山福寿草まつり」
54402154.00; 茨城県フラワーパーク 春を呼ぶ福寿草まつり
; その他
65447177.00; 網走川河畔・呼人の福寿草
セツブンソウ
52331036.02; 節分草まつり 庄原市役所総領支所地域振興室
52356083.01; セツブンソウ祭り 青垣町東芦田の江古花 (えごはな) 園
53387786.03; 埼玉県小鹿野町両神小森の節分草園で7日、「節分草まつり」
53361300.02;「セツブンソウふれあい祭り」を滋賀県米原市大久保区
52373593.01; 石雲寺 愛知県南設楽郡鳳来町名号字袋林12-

鉢巻山のアオモジ

今月の定例植物観察会で呉市の二河峡から鉢巻山へ登った。帰郷以来初めてであるから、50数年ぶりということになる。道路の傍などに大きくなったアオモジが目立つ、来年の花のつぼみもしっかりと着いていた。

アオモジ

来春の花芽をつけたアオモジ

 アオモジについては以前にも書いたことがある。広島県植物誌にはアオモジの記載がなく、2010年の植物誌補遺に記述されている(p.9)。1985年2月の観察会(Hikobia 9:273-282. 1985)でも、この道を歩いているが、アオモジの記述が無い。久保らの詳細な調査報告(Hikobia 15: 217-224. 2008)にあるように、切り枝(花)用に栽培されたものからの逸出であろう。

国内の他地域からの帰化植物は余り問題にされていない様だが、アオモジの侵入・定着によって、本来の自生種のどれかが住処を奪われているはずだ。幸い、雌雄異株なので、実を着ける雌木を伐倒するだけでよい。こういうことに森林環境税が使えないものか。

森林の崩壊防止機能

昨日は、月例の植物観察会で三原駅から米田山まで歩いた。花の少ない時期でもあり、取り立てて特徴のある地域ではないが、普通植物の分布を確かめるためには、このような場所を歩くことが大事。広島県ではこのあたりが東限となるハイノキ科のクロキの生育状態を確かめることができた。アベマキが優占しているのは人為的影響なのか、自然環境だけなのか判然としない。両方の理由があるのだろう。

海側から見ると落葉樹林に覆われているが、北側は採土(?)のため、大きく削り取られて、尾根沿いの登山道まで崩壊しつつある。下を覗き込むと、かなりオーバーハングになっている。そこから見える斜面にはオオバヤシャブシが生えているのみ。あまりにも急だから、植えたとは思えない。種子が風に乗ってきたのだろう。「はげしばり」の別名はヒメヤシャブシが独占すべきではない。

オオバヤシャブシ

急斜面に見えるのはオオバヤシャブシのみ、「はげしばり」とはよく言ったもの

オオバヤシャブシ

オオバヤシャブシの株元、崩壊防止の様子が良くわかる

この山は流紋岩が深層まで風化して、粘土質の乾燥した土壌となっている。このオオバヤシャブシが生えていなければ、表面から土壌が流れて、崩壊が進行することだろう。これが森林の崩壊防止機能である。ところが、根系の緊縛力にも限界があるので雨水が一定量以上に浸透すれば、支えきれずに地すべりを引き起こす。その際には、樹木の働きで貯められた土壌がまとめてすべることになる。少しずつ落とすか、まとめて落ちるのか、治山の方法にも2つの側面がある。

本編に、キク科の4(キク亜科の1)を登載した。ヨモギの類は良く分からない。所属が確定できない写真が2種分残っている。

当ウェブサイトの発信元であるニフティ株式会社から連絡があり、「青少年が安全に安心してインターネットを利用できる環境の整備等に関する法律(平成二十年六月十八日法律第七十九号)」に準拠するため、サイト(ホームページと呼ぶのは適切ではない。法では「特定サーバー」)の作成者、法にいうところの「特定サーバー管理者」の「メールアドレス」を明示せよとのことである。
当サイトでは「郵便受け (質問・意見)」を設けていたが、上記通達にしたがって、メールアドレスも明示することとした。こういう措置をしなくとも、「インターネット接続役務提供事業者」であるニフティ株式会社は発信者を把握しているし、当局の要請に応じて発信者の住所氏名を開示することはできる。要するに、事業者側の手間を省くということだろう。