亥の子祭り、トンボソウの修正など

気が付いたら、今年の「亥の子祭り」が終わっていた。イノコヅチの語源と結びつける写真が調達できない。下の写真は3年前に旧市内で撮影してもらったもの。以前の記事「イノコヅチと胴突、亥の子」と見比べて欲しい。

亥の子石

亥の子石を持ち上げ、落として、「亥の子もち」を搗いている様子

再見直しは、アオギリ科まで進んだ。記事の修正、写真の追加・差し替えの他、1頁の種数を少なくして、科名索引の長さを超えないようにしている。検索表の追加は、ごく一部でしか実現できていない。

読者からのご指摘を「郵便受け」にいただき、コバノトンボソウの写真を削除、トンボソウの写真を替えた。言われてみればその通り、当方の間違いであった。こういう指摘はありがたい。

 

ナス科からゴマノハグサ科まで見直し

ナス科からゴマノハグサ科まで、数種の写真を追加し、リンクを付け加えた。

ナス科のトゲナスという植物については、文献の引用のみで標本は不明のようである。原著の写真を載せておいたので、正体を突き止めて欲しい。無断引用の形になるが、やむを得ないものとしていただきたい。

ツクバネウツギ属の変異

本編にスイカズラ科ツクバネウツギ属を追加登載した。この属の植物は葉の形、ガク片の形と数に変異が多く、判断に困る場合がある。

イワツクバネウツギの枝

 

イワツクバネウツギの花はかなり独特であるので、Zabelia 属とする意見がうなづける。本編では、Abelia 属を大きく見る見解にしたがった。

左の写真のように、イワツクバネウツギの太い幹・枝には6条の溝ができるので、ここまで写真を撮影しておくと良い証拠になる。

 

 

 

 

 

ツクバネウツギとコツクバネウツギの葉の形は変異が多いので、ガクの形と数で区別することになる。下の写真の左はツクバネウツギの白花品、細いガクが5つある。コツクバネウツギのガクは幅の広いへら形、普通は2つであるが、下右のように3~5になる場合がある。2つのものを良く見ると、幅の広い方の先端部が2・3裂したものがある。これが深く割れた場合に枚数が多くなるようだ。

白花のツクバネウツギ(左)と・コツクバネウツギのガク片が多いもの(右)

アリノトウグサ科、ウリノキ科、ミズキ科の再見直し

アリノトウグサ科ウリノキ科ミズキ科の再見直しを行った。

アリノトウグサ科ではオオフサモの写真を差し替えた他、水草類の写真は持ち合わせていない。

ウリノキ科はモミジウリノキの写真を花(つぼみ)のあるものに替えた。花が着かないと、切れ込みが深くなりがちの幼形にも見える。

ミズキ科では多くの写真の追加し、ヒメアオキを広島県産のものに替えた。また、世界的の傾向に合わせて、ミズキ属を広く捉え、ヤマボウシ属を含める扱いにした。