山の日はまだか?

実語教の冒頭から

実語教の冒頭

超党派の議員連盟が提案していた祝日法改正案が与党の内閣部会で了承され、新たな国民の祝日「山の日」が今国会中に成立すると報道されていた。「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」との意義で、8月11日となる模様だが、月末になっても進展していないようだ。

「山の日」制定は大いに結構なのだが、「海の日があるのに、、、」など、提案の志があまり高くないように聞こえる。2002年の「国際山岳年 International year of mountains」、2013年に12月11日と決定した「国際山の日、International Mountain Day」には盛り上がらなかったようだ。

国際山岳年(2002)のポスター

国際山岳年(2002)のポスターから

  • 山岳の生態系を守
  • 山岳地域の平和と安らぎ推進し
  • 山の民の希望と目標を助け
  • 私たち自身の安全と生存を保証するため
  • 世界の山岳地域に関心を持つ
 海辺に住んでいても、最も高い場所に住んでいても、私たちは皆、山の民です。私たちは山岳とつながり、想像以上に山岳の影響を受けています。山岳は世界のほとんどの真水と、他のあらゆる地域に優る生物多様性の源であり、世界の10人に1人以上の故郷です。しかし、戦争、貧困、飢餓、気候変動そして環境の悪化が、山岳によって支えられてきた生活の絆を危機にさらしています。国際山岳年は、山岳の生態系を守り、山岳地域の平和と安らぎを推進し、山の民の希望と目標を助けるための一歩を踏み出す機会です。世界の山岳地域に関心をもつことが、山岳に関係するすべての人々、そして私たち自身の長期にわたる安全と生存を保証する助けになります。

上記は、四国森林管理局で開催された国際山岳年記念シンポジウムで紹介した内容。当時のパワーポイントにあった。

講演の締めが初めに示した 1枚、平安時代末期に作られたとされる「実語教」の文言。漢文だけど、日本で作られたもので、声に出して読みたい日本語の代表でもある・

やま たかきがゆえにたっとからず、 き あるをもって、たっとしとす。
ひと こえたるがゆえにたっとからず、 ち あるをもってたっとしとす。

大昔の日本人は偉かったけど、明治の初めに、これを世界に広めようとした人もいた。「実語教」を英訳していたのだ。成性主人纂加と名のり、「実語教:英語傍訓」(pp 28)を、1873年(明治6年)に東京の成性館から出版している(国会図書館のデジタルライブラリにある)。

MOUNTAIN HIGH AS NOT COST  BY IS TREE MAKE COST
MEN FLESHY AS NOT NOBLE   BY IS WISDOM MAKE NOBLE

外国の人と森林について語るとき、「800年以上も前に庶民の教科書に書かれていた」と教えて欲しい。

 

ニホンジカとカモシカ

10月には三回ほど、つくば市か東京に行く用件があり、帰途を利用して滋賀県のコケ調査を行ってきた。近畿地方はシカによる食害のため、山地の草本植生が著しく貧弱になっている。下の写真はウラジロガシ林の領域でアカシデが優占する自然林であるが、林床に草本がほとんど見られない。路傍にはシカが嫌う植物だけが生えている状態。

ニホンジカによる食害

ニホンジカによる食害で林床植生が失われた広葉樹林

 次の日には、やや北部の山に入った。林道の脇にカモシカが立って、こちらを見ているのに出会った。あいにく、広角専用のコンパクトカメラしか用意してなかったので、不鮮明な写真しか撮れない。私がカモシカに出会うのはいつも林道で、険しい場所で会ったことが無い。この山の林床には低木や草本があり、食害がひどくないようす。ニホンジカは自然植生を食いつくし、バランスを保つことができないが、カモシカは共存できるということを聞いていたが、納得できる。

林道に現れたカモシカ

林道に現れたカモシカ、このあたりの植生は豊かである

 8月末から日本植物分類学会の野外研修会が広島県で行われたのだが、南九州や近畿から参加された方々が、広島県の植物が豊富であると、異句同音に述べられた。広島県でも地域によってはシカの密度が高いが、芸北地方は雪が多いために繁殖が制限されている。何とか、この程度の頭数に収まって欲しいものだ。

三保の松原

昨日、富士山が世界遺産に登録決定、静岡県の三保の松原も含まれることとなった。本日のニュースでは、逆転劇を生んだ日本のロビー活動が紹介されている。地域のつながりを広く捉えるという考え方が各国に理解され、賛同意見を得たということが嬉しい。

三保の松原は、マツ林の保護活動でも良い手本となっている。地元の住民のマツを守るという意識が極めて高く、マツ枯れ対策のための薬剤防除を、有害と知りつつ受け入れているからだ。下の写真は、1991年10月に訪れた際に撮影した。数百年を超えるような大樹は多くないが、若い後継樹が多数見られる。林床に過剰に貯まった落葉を取り除き、土壌を貧栄養の状態に維持すれば、後継となるマツはいくらでも生えてくる。もちろん、広葉樹林に誘導するためには落葉を貯める方が良いのだが、潮風を常に受ける砂丘海岸に広葉樹の防風林は成立しない。

三保の松原の内部

後継樹が多いマツ林の内部

 ここでは、2005年までマツノマダラカミキリ防除のための薬剤がヘリコプターで散布されていた(空中散布)。薬剤散布は病原体の媒介をするマツノマダラカミキリを抑えるのには有効であるが、人間を含む他の生物にとっても有害である。この事実を行政と住民の双方が認識し、被害を最小限に、効果を最大限にする協力をしていた。その内容は、実に単純、明快。マツ枯れ防止の講演会などでは度々紹介させていただいた。

 最近の様子を調べると、静岡市の「名勝三保松原保全育成事業の現況」があった。これによると、空中散布を止めてから急激に枯れが進行したものの、2007年をピークに抑え込んでいる。枯れ木・枯れ枝の除去と消毒(殺虫)を徹底し、予防薬剤の樹幹注入対象を増やしたそうだ。樹幹注入剤は樹体内に侵入した病原体のマツノザイセンチュウが増殖するのを抑制するもので、外界への影響はほとんど無い代わり、マツそのものに負担がかかる。

 三保の松原といえば「羽衣の松」。「なるほど、あの枝に羽衣を掛けたのか!」と言わしめるほど立派な枝ぶりであったが、その枝が枯れていた。ただし、腐朽菌によるもので、材線虫病ではないと診断された。市(当時は清水市)の観光課の話では、「羽衣の松の樹齢が伝説の年代に合わない」という「無粋な苦情」が年に数件あるとのこと。「羽衣の松」の伝統は、ある秘策によって永久に守られる。ただ、秘策は公開できないから秘策。

と思っていたら、既に公開されていた(平成22年10月)「三保「羽衣の松」が世代交代しました! ‐ 静岡市」と。紹介ビデオ「三保羽衣の松 世代交代」にあるように、姿かたちの良い多数の候補から、厳しく選抜された結果、決して世襲ではない。