アオウキクサとレムナ・テスト

本編に、ヤシ科、 サトイモ科、 ウキクサ科を追加した。

高度経済成長の弊害が顕著となった1970年代には、公益を害する「公害」が社会問題となった。大気汚染と水質汚濁はその代表である。この頃、生物を用いて環境悪化の現状を評価する試みが盛んに行われた。全国の小中学校で行われた、アサガオによる光化学オキダントの検出はその代表的な例である。

水面に浮かんで生育するアオウキクサは、水中の養分だけでなく、重金属などの成長阻害物質の影響を受け易いことが知られている。しかも、栽培が容易であり、実験のための設備が簡単である。
工場排水などでは: 有害化学物質、重金属汚染、富栄養化の検出
雨水を用いると:   大気汚染に由来する生物毒性の検出

OECD(経済協力開発機構)のガイドラインにもアオウキクサによる試験方法が「アオウキクサ属植物による成長阻害試験(Lemna sp. Growth Inhibition Test)」が2006年に公開されている。
OECD GUIDELINES FOR THE TESTING OF CHEMICALS, REVISED PROPOSAL FOR A NEW GUIDELINE 221

日本語の解説書には新しいものが見つからなかったので、佐藤治雄:レムナ・テスト、松中昭一(編):図説 環境汚染と指標植物、22-23 pp.、朝倉書店(1979)

Lemna Test をキーワードにして Googleで画像検索をすると、多数の実験画像が表示される。

 

ヤブラン属とジャノヒゲ属

本編にヤブラン属ジャノヒゲ属を登録した。両属とも、エングラー分類体系ではユリ科、APGⅢ分類体系ではキジカクシ科に属する。受精後に、子房の壁が伸びないため、種子が子房壁を破って裸出したまま大きくなる点は共通である。つまり、果実のように見えるものは種子そのもの、紫黒色に熟すのがヤブラン属、鮮やかな瑠璃色になるのがジャノヒゲ属。

ジャノヒゲの種内分類については良く分からない。カブダチジャノヒゲはナガバジャノヒゲの別名と思っていたら、そうではないらしい。しかし、変種に区分できないという意見はあっても、カブダチジャノヒゲとナガバジャノヒゲを別々に認める、あるいは同じ変種とするという意見は見当たらなかった。分からないものについては、Flora of Japan に従うつもりだが、単子葉類の巻Ⅳa、Ⅳb が未だに刊行されない。Ⅳbは本年3月という予告であったが、確かめると、9月に伸びている。「野生植物 Ⅰ」が1982年刊行であるから、30年超えてしまった。Flora of Japan刊行後に、本編の総見直しをしなければならない。

葉の長いもの(ナガバジャノヒゲ)が暗い林床に生育するのではなく、暗い場所だから長くなって、日なたでは短くなる(ジャノヒゲ)のかもしれない、しかし、走出枝(stolon, runner)の有無は、固定した形質のように思える。

ノシランは沿岸地に多い大型の植物で、花茎が強くのされているから解かり易い。島根県、山口県の沿岸部には普通に見られるが、広島県ではごく少ない。周防大島が冬季の湿潤な季節風の障壁となっているのではないか。

屋根の上のツメレンゲ

10日余り前になるが、植物観察会の帰りに、竹原市重要伝統的建造物群保存地区へ立ち寄った。ボランティアガイドによる説明が行われていたので、一緒に耳を傾けた。建物説明の中で、庇(ひさし)の上を指差し、ツメレンゲが咲いていることを教えてくれた。見上げると、そこかしこに咲いている。

ツメレンゲの花

屋根上に咲くツメレンゲの花

この地域は、昭和57年に国の「町並み保存地区」に指定された。最も古い建物は元禄4年(1691)のもという。

広島県植物誌(p.182)に書いてあるように、ツメレンゲは備後の沿岸部や島嶼部に多く、タイプ産地は福山市の仙酔島であるが、今では、手が届かないような高い位置の岩場にしか生育していない。むしろ、古い瓦屋根の上に多い。観光ガイドの説明の中に、さらっと出てくるというのが良い。写真のものは、雨樋に貯まった泥上に育っていたので、すぐ近くにあった。庇や屋根の上は遠く、手持ちのカメラではうまく撮影できなかった。

レッドデータブックひろしま 2011

「広島県の絶滅のおそれのある野生生物(第3版)レッドデータブックひろしま 2011」が刊行された。A4版 633頁の重たい本である。奥付には、平成24年9月となっているが、実際には25年3月。2,900円+送料で印刷所から購入できる。内容の抜粋(一覧表)は広島県のウェブサイト ecoひろしま~環境情報サイト~(http://www.pref.hiroshima.lg.jp/site/eco/j-j2-reddata2-index2.html)にpdfで掲載されており、冊子体の入手方法も掲載されている。

redbook

前版(2003)と大きく異なる点は、各種の執筆者名が明記されていることである。これは、内容の信憑性を高めるためには必要なことであって、植物誌などの分担執筆では望ましい。ただ、絶滅危惧のランク付け、保護対策については専門委員会と広島県の合議でなされるべきであって、個別の委員に責任を押し付けるのは如何なものか。

そもそも、このレッドデータブックを何のために作成し、どのように利用する(行政機関)、利用される(県民)のか、知事のあいさつ文からは読み取れない。開発行為によって、生育地が不用意に損なわれないためには、生育地情報が行政機関内で共有されていなければならない。そうされていると信じたいが。

genkai

準絶滅危惧種(県、国)ゲンカイツツジの花

ゲンカイツツジは、広島県ではそれほど稀ではないが、大切にしたい植物の一つである。上の写真のように、ある地域では登山道の傍らにも多く、鮮やかな色彩が目を楽しませてくれる。ところが、この山の稜線部にはマメツゲやシャリンバイと共に、ハナゾノツクバネウツギ(アベリア)が多数植栽されていた。街路樹の下や中央分離帯に植栽されたものが勢い良く成長しているのは良く見られる。いずれ、ゲンカイツツジを圧倒することは予想されるし、ハナゾノツクバネウツギの植栽時にゲンカイツツジが刈り取られていたような形跡もあった。

希少植物の保護には経費がかかるとは限らない、むしろ、余計なことをしなければ良い場合も少なくない。

 

イズモコバイモとホソバナコバイモ

3月14,16の両日、島根県川本町のイズモコバイモ自生地見学に大勢で訪れた。交通量の多い県道の傍なので危なっかしいのだが、花が眼の高さにあたるので、無理なく観察できる。

イズモコバイモの花

島根県のイズモコバイモ Fritillaria ayakoana Maruy. & Naruh.

数年ぶりの訪問だが、生育量は多くなっているように思える。数百か数千か、個体数は数え切れない。地元の「谷戸自治会」、「川本町自然大好きネットワーク」、「みんなで守る谷戸の自然」の皆様が丁寧な手入れを行っているからである。頭が下がる。

17日には、地元の安芸太田町のホソバナコバイモ自生地に行ってみた。こちらもよく咲いていた。集落の近くの林縁で、保護活動は行われていない。心なしか、株数が年々少なくなっているような気がする。恐らく数十個体だろう。草刈回数を増やして、裸地が多くなるようにした方が良いと思う。

広島県のホソバナコバイモ

広島県のホソバナコバイモ  Fritillaria amabilis Koidz.

⇒ 本編のホソバナコバイモへ