スミレ科 Violaceae 索引

世界に21属、約490種が知られ、日本には1属、55種が自生する。

A.花は黄色

 A1.キスミレ群:     ダイセンキスミレ、キスミレ

B.花は白色から紫色、地上茎がない

 B1.ミヤマスミレ類:托葉は葉柄に合着する(流れる)

  B1-1. 葉が掌状分裂する  ヒゴスミレ、エイザンスミレ

  B1-2. 葉は細長い     アリアケスミレ、ヒメスミレ、スミレ
               シロスミレ、ホソバシロスミレ、ノジスミレ

  B1-3. 葉は卵形~長卵形、狭三角形

  B1-3a 花は淡紫色、葉の基部は浅心形 夏葉は三角形  コスミレ

  B1-3b 花は紅紫色、葉の基部は心形     サクラスミレ、アカネスミレ

  B1-3c 花は白色・紫条 葉の基部は深心形  マルバスミレ、ヒカゲスミレ、アソヒカゲスミレ

  B1-3d 花は淡紅紫色、葉は卵形・基部は深心形  ヒナスミレ

  B1-3e 花は淡紅紫色、葉は円形・基部は深心形  ゲンジスミレ

  B1-3f 花は紅紫色、葉は狭卵形~広皮針形・基部は深心形  シハイスミレ

  B1-3g 花は白色・紫条 葉の基部は心形、唇弁と距は短い
                     ヒメミヤマスミレ、コミヤマスミレ、フモトスミレ

  B1-3h 花は青紫~白色、葉は卵形~腎形・基部は深心形
                     ニオイスミレ、アメリカスミレサイシン

 B2.スミレサイシン類: 托葉は葉柄に合着しない
         アケボノスミレ、シコクスミレ、スミレサイシン、ナガバノスミレサイシン

 B3.イブキスミレ類: 花時には地上茎がなく、花後に地上茎が伸びる  イブキスミレ

C.花は白色から紫色、地上茎がある

 C1.タチツボスミレ類: 托葉は羽状裂、果実は卵形
         タチツボスミレ、コタチツボスミレ、ケイリュウタチツボスミレ
         ツルタチツボスミレ、オオタチツボスミレ、ニオイタチツボスミレ
         ナガバタチツボスミレ

 C2.ツボスミレ類: 托葉は全縁または鋭浅裂
         ツボスミレ、ニョイスミレ、アギスミレ、ヒメアギスミレ

 C3.アオイスミレ類: 果実は球形    アオイスミレ、エゾアオイスミレ

D.雑種起源:     ジャクチスミレ


スミレ科については、本編の見出し頁に載せた参考文献の他、以下の文献を参考にした。

浜栄助 1987.写真集 日本のすみれ.pp.188、誠文堂新光社、東京
いがりまさし 2004.増補改訂 日本のスミレ.pp.287、山と渓谷社、東京
なお、いがり氏のウェブサイト 「スミレの部屋」 http://www.plantsindex.com/viola/ にも詳細な記事がある。

別冊記事 ⇒ スミレという名


サイトのトップ頁へ    スミレ科-1へ     ヤナギ科へ     アマ科へ