ボダイジュという名

 ボダイジュは、お釈迦様が樹下で悟りを得たとされ、寺院に植栽される。ただし、インドのブッダガヤにある本物のボダイジュは熱帯に分布するイチジク属の樹木 Ficus religiosa L. であって、シナノキ科のボダイジュではない。このことは、よく知られている。
 私が始めて本物のボダイジュを見たのは、タイの仏教寺院であった。そのとき、「なるほど、これと似た樹木を温帯で探せばシナノキになる!」と感心した記憶がある。

インドボダイジュの葉
インドボダイジュの葉

 菩提というのはサンスクリット語を音訳したものであり、菩提樹の英語名は Bodhi treeである。
 菩提樹という漢字名から、菩提樹=Tilia miqueliana としたのは中国の僧で、それが日本に伝わったと考えていた。貝原益軒(1709)の「大和本草」に、「菩提樹の葉はモクセイに似て、葉の裏に茎があり、そこに実がなる」、「千光国師栄西が宋に行ったとき、菩提樹の種を持ち帰って筑前の香椎神宮の側に植えた」 とある。つまり、 宋の国で Tilia を菩提樹 としていたことがうかがわれる。

 ところが、中国高等植物图鉴(1980)、Flora of China (Tiliaceae, 2007; Moraceae, 2003)では、 Tilia miquelianaは南京椴または白椴とされ、Ficus religiosa が思维树(思惟樹)または菩提树(菩提樹) となっている。植物学以外では、Ficus religiosa を思维树としたものはほとんど無く、菩提树が最も普通のようだ。印度菩提樹は別名とされ、標準的には使われていない。しかし、台湾では、印度菩提樹が標準的である(台灣植物誌 第一版, 1969)。

 中国で、Tilia miqueliana を菩提樹と呼ぶことはないのだろうか。手持ちの文献には見当たらないので、インターネットの「百度」で捜索したところ、中国植物图鉴(1953)では、Tilia paucicostata (=T. miqueliana)の中国名が菩提树となっていた。また、生薬の名称に「菩提树花」があり、「南京椴の花序を乾燥させたもの」とされている。
 やはり、菩提樹を Tilia miqueliana に充てたのは中国(少なくとも宋以前)であったようだが、現代中国では、釈迦が悟りを得たという樹と同じ種の Ficus religiosa を菩提樹としている。ただし、薬学の分野では昔の呼称が残っていて、菩提树花や菩提树皮の原料は南京椴(Tilia miqueliana)である。台湾の植物誌には Tilia miqueliana の名が見当たらないので、Ficus religiosa は単に菩提樹でよいはずだが、印度菩提樹となっている。日本の呼称が残っているのだろうか。

 それにしても、ややこしい。和名に関しては先取性より正当性・合理性を重視して、Ficus religiosaをボダイジュ、Tilia miqueliana に別の名を与えるべきだろう。ニセボダイジュではまずいし、チュウゴクボダイジュは日本の中国地方産のボダイジュに使われているから、キタボダイジュとかトウヨウボダイジュあたりが良いのではないか。

学名 Tilia miqueliana Ficus religiosa
属の和名 シナノキ属 イチジク属
属の中国名 椴树属 榕属
標準的な和名 ボダイジュ インドボダイジュ
現代中国名 南京椴 思维树 (俗称:菩提树、印度菩提树)
中国の古名 菩提樹? 菩提树?
台湾名 印度菩提樹


広p島の植物ノート・本編のトップ頁へ    アオイ科 (APGⅢ)へ    シナノキ科シナノキ属 (エングラー)へ