イチイ科 Taxaceae -1

 裸子植物の新しい系統分類のイチイ科は、エングラー分類体系のイヌガヤ科とイチイ科を包含する。
 世界に6属、31種が知られ、日本には3属、3種が自生する。

属名 分類単位 エングラー 新分類
Cephalotaxus イヌガヤ、ハイイヌガヤ、チョウセンマキ イヌガヤ科 イチイ科
Taxus イチイ、キャラボク イチイ科
Torreya カヤ、チャボガヤ


イチイ、アララギ、オンコ Taxus cuspidata Siebold & Zucc. var cuspidata
南千島、北海道、本州、四国、及び朝鮮、中国、極東ロシアの冷温帯に分布する雌雄異花同株の常緑高木。
広島県:備北山地の緩やかな尾根、山頂部に多い。3~4月に咲き、当年の秋に熟す。
広島県植物誌 p.84;海山博物 p.216;東城町植物誌 p.72;呉市植物誌 p.69;呉市目録 p.22; 広島県の植物図鑑へ

広島県指定天然記念物
 庄原市川西町     横目堂のイチイ
市町村指定天然記念物
 庄原市東城町内堀   妙楽寺のイチイ
 庄原市西城町熊野   比婆山のイチイ群
 庄原市西城町三坂   三坂中組の三本イチイ
 庄原市高野町上里原  田部家のイチイ

比婆山山頂(御陵)のイチイ巨樹
比婆山山頂(御陵)のイチイ巨樹

果実を着けたイチイ
種子を着けたイチイ、葉は左右に展開し、2列に見える

キャラボク Taxus cuspidata Siebold & Zucc. var. nana Rehder
= Taxus cuspidata Siebold & Zucc. 'Nana' (園芸品種としての名)
本州の日本海側の多雪山地の冷温帯に分布する、雌雄異花同株の常緑高木、日本固有変種。
広島県:備北山地の風衝地に自生し、庭木として各地に植栽される。伯耆大山のキャラボク群落は有名である。
呉市目録 p.22;北広島町 p.172;

市町村指定天然記念物
 庄原市東城町川西   法恩寺のキャラボク
 庄原市口和町宮内   前浜のキャラボク
 庄原市総領町黒目   黒目北野のキャラボク

キャラボク
雄花序を着けたキャラボク 主幹がはっきりせず、葉がらせん状に着く



カヤ Torreya nucifera Siebold & Zucc. var. nucifera
岩手県以南の本州、四国、九州、及び朝鮮(済州島)の暖温帯から冷温帯下部に分布する、雌雄異花同株の常緑高木。
広島県:自生とされるものは少ないが、神社などに大木が多い。4~5月に咲き、翌年の秋に熟す。
広島県植物誌 p.84;東城町植物誌 p.72;呉市植物誌 p.70;呉市目録 p.22;北広島町 p.172; 広島県の植物図鑑へ

広島県指定天然記念物
 廿日市市津田   津田の大カヤ
 福山市加茂町   福泉寺のカヤ
 庄原市西城町   西城浄久寺のカヤ
市町村指定天然記念物
 広島市安佐北区可部町上原登竜    カヤ
 広島市佐伯区湯来町大字白砂字森原   重光神社のカヤ
 庄原市上原町            永明寺のカヤ
 庄原市東城町戸宇          戸宇頭谷のカヤ
 庄原市東城町川西          川西宮平のカヤ
 三次市甲奴町小童          武塔神社のカヤ
 三原市大和町上徳良         大草豊原のカヤ
 北広島町大利原           大利原のカヤ
 安芸高田市高宮町          佐々部のカヤ

カヤの果実
カヤの大樹(左)、種子(右)

チャボガヤ Torreya nucifera Siebold & Zucc. var. radicans Nakai
山形県以南の本州の日本海側には、主幹がはっきりせず、斜上し、樹高は2-3m程度で開花・結実する型があり、変種のチャボガヤとして記載されているが、明確な区分ができず、カヤに含める見解もある。
広島県:芸北・備北山地の林床に普通に生育する。
広島県植物誌 p.85;東城町植物誌 p.72;呉市目録 p.107;北広島町 p.148,172; 広島県の植物図鑑へ

チャボガヤ
中国山地にはチャボガヤの型が多い


サイトのトップ頁へ    広義のヒノキ科へ    イチイ科 -2(イヌガヤ属)へ    ジュンサイ科へ