ゴマノハグサ科 Scrophulariaceae(エングラー分類体系)-7
アゼナ科 Linderniaceae(APGⅢ分類体系)

 アゼナ科は世界に16属、164種が知られ、日本には2属、7種が自生する。

スズメノトウガラシ Lindernia antipoda (L.) Alston
- Vandellia antipoda (L.) T. Yamaz.
- Vandellia anagallis (Burm.f.) T.Yamaz. var. verbenaefolia (Colsm.) T.Yamaz.
岩手県以南の本州、四国、九州、南西諸島、および東アジア、オセアニアの暖温帯から熱帯に分布する一年草。
広島県: 沿岸地から高原面の水田、畦などに生育し、8~10月に咲く。
広島県植物誌 p. 374;呉市植物誌 p.179;呉市目録 p.161;北広島町 p.232; 広島県の植物図鑑へ

スズメノトウガラシ
スズメノトウガラシ 4本の雄しべのうち長い2本には葯がなく、曲がった角状

ウリクサ Lindernia crustacea (L.) F.Muell.
= Vandellia crustacea (L.) Benth.
福島県以南の本州、四国、九州、南西諸島、および東アジア、オセアニアの暖温帯から熱帯に分布する一年草。
広島県: 島嶼部、沿岸地から高原面の畑地、畦などに生育し、8~10月に咲く。
広島県植物誌 p. 374;植物図選 Ⅴ-83;東城町植物誌 p.216;呉市植物誌 p.179;呉市目録 p.161;山野草秋 p.205;北広島町 p.232; 広島県の植物図鑑へ

ウリクサ
ウリクサ
ウリクサ 上は日なた、下は日かげのもの

アメリカアゼナ Lindernia dubia (L.) Pennell
- Lindernia dubia (L.) Pennell subsp. major (Pursh) Pennell
北アメリカ原産(yellowseed false pimpernel)、北海道、本州、四国、九州の冷温帯・暖温帯に帰化している一年草。
広島県: 高原面の水田、畦などに生育し、7~9月に咲く。
広島県植物誌 p. 375;東城町植物誌 p.216;呉市植物誌 p.179;呉市目録 p.161;広島外来 p.13;北広島町 p.232; 広島県の植物図鑑へ

アメリカアゼナ
アメリカアゼナ 

ヒメアメリカアゼナ Lindernia dubia (L.) Pennell var. anagallidea (Michx.) Cooperr.
= Lindernia anagallidea (Michx.) Pennell
北アメリカ原産(yellowseed false pimpernel)、関東以西の本州の暖温帯に帰化している一年草。
広島県: 西部沿岸地の池畔に生育し、8~9月に咲く。
植物誌補遺 p.25; 広島県の植物図鑑へ

基本種に比べ、ガク片の長さが約3㎜、果実より短い。

アゼトウガラシ Lindernia micrantha D.Don
- Lindernia angustifolia (Benth.) Wettst.
= Vandellia angustifolia Benth.
岩手県以南の本州、四国、九州、南西諸島、および東アジア、ニューギニアの暖温帯から熱帯に分布する一年草。
広島県: 沿岸地から高原面の水田、畦などに生育し、8~10月に咲く。
広島県植物誌 p. 375;植物図選 Ⅳ-85;広島野草2 p.144;呉市植物誌 p.179;呉市目録 p.161;山野草秋 p.212;北広島町 p.232; 広島県の植物図鑑へ

アゼナ Lindernia procumbens (Krock.) Borbás
= Lindernia pyxidaria L.
北海道、本州、四国、九州、南西諸島、およびユーラシアの冷温帯から熱帯に分布する一年草。
広島県: 沿岸地から高原面の水田、畦などに生育し、8~10月に咲く。
広島県植物誌 p. 375;植物図選 Ⅴ-82;東城町植物誌 p.216;呉市植物誌 p.180;呉市目録 p.161;山野草秋 p.213;北広島町 p.232; 広島県の植物図鑑へ


サイトのトップ頁へ    ゴマノハグサ科(E)索引へ    ゴマノハグサ科(E)-6へ    ゴマノハグサ科(E)-8へ