アワブキ科 Sabiaceae

世界に4属、93種 が知られ、日本には2属、6種が自生している。

アワブキ Meliosma myriantha Siebold & Zucc.
本州、四国、九州、及び朝鮮、中国の冷温帯から暖温帯上部に分布する常緑小高木。
広島県:高原面から山地の渓谷に生育、6~7月に咲く。
広島県植物誌 p.251、図25(分布図);東城町植物誌 p.159;芸北自然 p.50;北広島町 p.208; 広島県の植物図鑑へ

アワブキ
アワブキの花

ヤマビワ Meliosma rigida Siebold & Zucc.
伊豆半島以西の本州、四国、九州、南西諸島、及び台湾、中国、熱帯アジアの暖温帯・亜熱帯に分布する常緑小高木。
広島県:島嶼部、沿岸地の社叢などに生育、6月に咲く。
広島県植物誌 p.252 ;野の花 p.67;植物図選Ⅳ-58;呉市植物誌 p.137;呉市目録 p.74; 広島県の植物図鑑へ

ミヤマホウソ、ミヤマハハソ Meliosma tenuis Maxim.
本州、四国、九州、及び中国の冷温帯・暖温帯に分布する落葉小高木。
広島県: 山間地、山地の広葉樹林内に生育、5~6月に咲く。
広島県植物誌 p.252;植物図選Ⅳ-59;東城町植物誌 p.159;北広島町 p.208; 広島県の植物図鑑へ

ミヤマホウソ
ミヤマホウソの若い果
ハハソはナラ類の古名、音便でホウソと発音するため、現代仮名遣いではミヤマホウソと書く。


サイトのトップ頁へ     キンポウゲ科へ     ハス科へ