ミカン科 Rutaceae-3


 Boenninghausenia  マツカゼソウ
 Citrus       キンカン、ユズ、レモン、ウンシュウミカン、カラタチ
 Orixa       コクサギ
 Phellodendron   キハダ
 Skimmia      ミヤマシキミ、ツルシキミ、ツルミヤマシキミ
 Tetradium     ハマセンダン
 Zanthoxylum    カラスザンショウ、コカラスザンショウ、イヌザンショウ
           フユザンショウ、サンショウ、アサクラザンショウ


サンショウ属 イヌザンショウ亜属 (Fagara) 花被は2列(花弁とガク片はそれぞれ3-5枚)

カラスザンショウ Zanthoxylum ailanthoides Siebold & Zucc.
= Fagara ailanthoides (Siebold & Zucc.) Engl.
本州、四国、九州、南西諸島、小笠原諸島、及び朝鮮、中国、台湾、フィリピンの冷温帯・暖温帯に分布する雌雄異株の落葉高木。
広島県:島嶼部から山間地の崩壊地や林縁部に生育し、7~8月に咲く。
広島県植物誌 p.240;東城町植物誌 p.152;呉市植物誌 p.133;呉市目録 p.123;北広島町 p.205; 広島県の植物図鑑へ

カラスザンショウ
カラスザンショウの果実

コカラスザンショウ Zanthoxylum fauriei (Nakai) Ohwi
= Fagara fauriei Nakai
東海地方以西の本州、四国、九州、及び朝鮮の暖温帯に分布する雌雄異株の落葉高木。
広島県:西部山間地で見出されている。カラスザンショウとイヌザンショウの雑種と推定されている。
広島県植物誌 p.240; 広島県の植物図鑑へ

イヌザンショウ Zanthoxylum schinifolium Siebold & Zucc.
= Fagara mantchurica (Benn. ex Daniell) Honda
本州、四国、九州、及び台湾、朝鮮、中国の冷温帯・暖温帯に分布する雌雄異株の落葉低木。
広島県:島嶼部、沿岸地から山間地の林内、林縁に生育し、8~9月に咲く。
広島県植物誌 p.241;東城町植物誌 p.152;呉市植物誌 p.133;呉市目録 p.123;北広島町 p.205; 広島県の植物図鑑へ

葉が小さいもの、枝にトゲが無いものがあり、広島県植物誌にも言及されている。変異の範囲であろう。
 コバノイヌザンショウ  f. microphyllum (Honda) W.T.Lee
 トゲナシイヌザンショウ var. inerme (Nakai) T.B.Lee

イヌザンショウ
果実を着けたイヌザンショウ、枝のトゲは互生する(左下に見える)



サンショウ属 サンショウ亜属  (Zanthoxylum) 花被は1列(花被片は5-8枚)

フユザンショウ Zanthoxylum armatum DC. var. subtrifoliatum (Franch.) Kitam.
(var. subtrifoliatum を区分する必要はないとの意見もある)
- Zanthoxylum planispinum Siebold & Zucc.
宮城県以南の本州、四国、九州、南西諸島、及び台湾、朝鮮、中国の暖温帯に分布する雌雄異株の常緑低木。
広島県:島嶼部、沿岸地から山間地の林内、林縁に生育し、5月に咲く。
広島県植物誌 p.240;東城町植物誌 p.152;呉市植物誌 p.133;呉市目録 p.123; 広島県の植物図鑑へ

フユザンショウ
フユザンショウの葉軸には翼がある

サンショウ Zanthoxylum piperitum (L.) DC.
北海道、本州、四国、九州、及び朝鮮の暖温帯に分布する雌雄異株の落葉低木。
広島県:島嶼部、沿岸地から山間地の林内、林縁に生育し、4~5月に咲く。
広島県植物誌 p.240;東城町植物誌 p.152;呉市植物誌 p.133;呉市目録 p.123.;北広島町 p.205; 広島県の植物図鑑へ

サンショウ
サンショウの果実がはじけた様子、枝のトゲは対生する(左側に見える)

サンショウの葉
サンショウの葉を光に透かして見たところ、精油が入った油点が明るく見える

アサクラザンショウ Zanthoxylum piperitum (L.) DC. f. inerme (Makino) Makino
= Zanthoxylum piperitum (L.) DC. var. inerme Makino
中国地方、北九州にはトゲのない型がよく見られる。これが、兵庫県の朝倉村(現在の養父市八鹿町朝倉)で改良され、大きな実をつけるものが「朝倉ざんしょう」としてブランド化された。これを、牧野富太郎が変種(後に品種)として記載したものである。現在の栽培品は、さらに、いくつかの品種に分けられている。
広島県:山間地から山地にはトゲがほとんど無いものがあり、ヤマアサクラザンショウ f. brevispinosum (Makino) Makino とされている。トゲが少ないものはイヌザンショウにも見られるので、野生品をことさら分ける必要はないであろう。
広島県植物誌 p.241;東城町植物誌 p.152;北広島町 p.205; 広島県の植物図鑑へ

アサクラザンショウ
サンショウの枝にトゲが無い型は栽培用に好まれる



サイトのトップ頁へ    ミカン科-1へ    ミカン科-2へ    ムクロジ科へ    ニガキ科へ