ミカン科-2 Rutaceae


 Boenninghausenia  マツカゼソウ
 Citrus       キンカン、ユズ、レモン、ウンシュウミカン、カラタチ
 Orixa       コクサギ
 Phellodendron   キハダ
 Skimmia      ミヤマシキミ、ツルシキミ、ツルミヤマシキミ
 Tetradium     ハマセンダン
 Zanthoxylum    カラスザンショウ、コカラスザンショウ、イヌザンショウ
           フユザンショウ、サンショウ、アサクラザンショウ


コクサギ Orixa japonica Thunb.
本州、四国、九州、及び朝鮮、中国の冷温帯・暖温帯に分布する雌雄異株の落葉低木。
広島県:高原面の石灰岩、古生層を母材とする地域の渓畔に多く、4~5月に咲く。
広島県植物誌 p.238、図21(分布図);東城町植物誌 p.153;呉市植物誌 p.133;呉市目録 p.123.; 広島県の植物図鑑へ

コクサギ
コクサギ、互生の葉は2葉ずつ交互に並ぶ、左下は未熟果実



キハダ Phellodendron amurense Rupr.
北海道、本州、四国、九州、及び朝鮮、中国、極東ロシアの冷温帯・暖温帯上部に分布する雌雄異株の落葉高木。
広島県:高原面から山地に生育し、6月に咲く。しばしば、薬用に植栽されている。
広島県植物誌 p.239;東城町植物誌 p.152;呉市目録 p.123;;北広島町 p.204; 広島県の植物図鑑へ

樹皮をはがすと内側が鮮やかな黄色であることから、黄肌の名が付いた。 外側のコルク層を取り除いて黄色の内樹皮部分を乾燥させたものが”黄柏または黄檗”(おうばく)である。 ベルベリンを含み、大変苦い。生薬として昔から使われ、備北山間地では現在も皮剥ぎと乾燥作業が見られる。

キハダ
キハダ



ミヤマシキミ Skimmia japonica Thunb. var. japonica
関東地方以西の本州、四国、九州、及び台湾の冷温帯・暖温帯に分布する雌雄異株の常緑低木。
広島県:高原面から山間地の林内に生育し、4~5月に咲く。
広島県植物誌 p.239;東城町植物誌 p.152;呉市植物誌 p.133;呉市目録 p.123;北広島町 p.205; 広島県の植物図鑑へ

var. japonica は、var. intermedia (ウチコミツルミヤマシキミ)と区別するときの名。

ミヤマシキミ
ミヤマシキミの茎は直立し、場所によっては高さ2mにもなる
葉は皮針状長楕円形、長さ7-13cm、幅2.5-3.5cm程度

ウチコミミヤマシキミ
(参考) ウチダシミヤマシキミ f. rugosa (Yatabe) Ohwi の葉(北関東)
葉脈部の凹みを考慮するので、学名の構造がややこしくなる。
下方にミヤマシキミ型の葉が見えるように、両者は混在する。

ツルシキミ Skimmia japonica Thunb. var. intermedia Komatsu f. repens (Nakai) Ohwi
(ツルミヤマシキミ)
= Skimmia repens Nakai
= Skimmia japonica Thunb. var. repens (Nakai) Makino
南千島、北海道、本州、四国、九州、及び極東ロシアの冷温帯に分布する雌雄異株の常緑低木。
広島県:山地の林内に生育する。
広島県植物誌 p.240;東城町植物誌 p.152;呉市目録 p.123;北広島町 p.205; 広島県の植物図鑑へ

幹が地をはい、枝先だけが上を向く変種を var. intermedia として区別するが、そのタイプは葉の表面の葉脈部分が凹んでいる(ウチコミツルミヤマシキミ)ので、凹まない型を f. repens とする。

ツルシキミ
ツルシキミの茎は地面をはい、先端が上を向く
葉はミヤマシキミより小さく、長さ4-7cm、幅1.5-2.5cm程度


ハマセンダン Tetradium glabrifolium (Champ. ex Benth.) T.G.Hartley
- Tetradium glabrifolium (Champ. ex Benth.) T.G.Hartley var. glaucum (Miq.) T.Yamaz.
= Euodia glauca Miq. (Evodia glauca Miq.)
- Euodia meliifolia (Hance ex Walp.) Benth.
三重県以西の本州、四国、九州、南西諸島、及び台湾の暖温帯に分布する雌雄異株の落葉高木。
広島県:「原色木本Ⅰ」にはハマセンダンの分布域として「広島県」が明記されているが、広島県植物誌には記述されていない。

ハマセンダン
ハマセンダンの雄株 右上:雌花

ハマセンダンについて ⇒ 別冊記事:ミカン科


サイトのトップ頁へ    ミカン科-1へ    ミカン科-3へ    ムクロジ科へ    ニガキ科へ