バラ科 Rosaceae-7

 バラ亜科(7) キイチゴ属(3)

エゾイチゴ亜属 (ナワシロイチゴ節)

クロイチゴ Rubus mesogaeus Focke
南千島、北海道、本州、四国、九州、及び台湾、中国、熱帯アジアの暖温帯上部から冷温帯に分布する落葉低木。
広島県:西部山地に生育し、6月頃に咲く。
植物誌補遺;p.14; 広島県の植物図鑑へ

クロイチゴ
クロイチゴの果実

ナワシロイチゴ Rubus parvifolius L.
南千島、北海道、本州、四国、九州、南西諸島、及び台湾、朝鮮、中国の冷温帯から亜熱帯に分布する落葉低木。
広島県:島嶼部、沿岸部から高原面の林縁、草地に普通に生育し、5~6月に咲く。
広島県植物誌 p.208;東城町植物誌 p.136;呉市植物誌 p.118;呉市目録 p.97;山野草夏 p.82;北広島町 p.198; 広島県の植物図鑑へ

ナワシロイチゴ
ナワシロイチゴの果実と花(右上の円内)

エビガライチゴ、ウラジロイチゴ Rubus phoenicolasius Maxim.
北海道、本州、四国、九州、及び朝鮮、中国の冷温帯、暖温帯に分布する落葉低木。
広島県:高原面から山地の明るい草地や林縁に生育し、6~7月に咲く。
広島県植物誌 p.209;東城町植物誌 p.137;呉市植物誌 p.119;呉市目録 p.97;北広島町 p.198; 広島県の植物図鑑へ

エビガライチゴ
エビガライチゴの花(つぼみ)

キビナワシロイチゴ Rubus yoshinoi Koidz.
宮城県以南の本州、九州、及び中国の冷温帯、暖温帯に分布する落葉低木。
広島県:備後の石灰岩、古生層地帯の林縁、草地に生育し、5~6月に咲く。
広島県植物誌 p.210;植物図選Ⅱ-54;東城町植物誌 p.137;北広島町 p.152 & 198; 広島県の植物図鑑へ

キビナワシロイチゴ
キビナワシロイチゴの果実(右下の円内)



エゾイチゴ亜属 (ニガイチゴ節)

クマイチゴ Rubus crataegifolius Bunge
北海道南部、本州、四国、九州、及び朝鮮、中国、極東ロシア、シベリアの冷温帯、暖温帯に分布する落葉低木。
広島県:島嶼、沿岸部から高原面の陽地、崩壊地に生育し、5~7月に咲く
広島県植物誌 p.206;東城町植物誌 p.136;呉市植物誌 p.117;呉市目録 p.96;北広島町 p.197; 広島県の植物図鑑へ

クマイチゴ
クマイチゴの果実と花(右下の円内)

ニガイチゴ Rubus microphyllus L.f.
本州、四国、九州、及び中国の冷温帯下部、暖温帯に分布する落葉低木。
広島県:沿岸部から高原面の陽地に生育し、4~5月に咲く。
広島県植物誌 p.207;呉市植物誌 p.118;呉市目録 p.96; 広島県の植物図鑑へ

ニガイチゴ
ニガイチゴの花

ミヤマニガイチゴ Rubus subcrataegifolius (H.Lév. & Vaniot) H.Lév.
= Rubus microphyllus L. var. subcrataegifolius (H.Lév. & Vaniot) Ohwi
- Rubus koehneanus Focke
= Rubus microphyllus L. subsp. koehneanus (Focke) Sugim.
本州、及び朝鮮の冷温帯に分布する落葉低木。
広島県:東部山間地に生育し、6月頃に咲く。
植物誌補遺;p.14.

ミヤマニガイチゴ
ミヤマニガイチゴ

カジイチゴ Rubus trifidus Thunb.
本州の太平洋側、四国、九州、及び朝鮮の暖温帯に分布し、栽培もされる半常緑低木。
広島県:島嶼部、沿岸部の陽地に生育し、4~5月に咲く。
広島県植物誌 p.209;呉市植物誌 p.119;呉市目録 p.97;広島外来 p.11; 広島県の植物図鑑へ.

カジイチゴ
カジイチゴの果実



サイトのトップ頁へ    バラ科索引へ    バラ科-6(キイチゴ属 (2))へ    バラ科-8(キイチゴ属 (4))へ