バラ科 Rosaceae-6

 バラ亜科(6)  キイチゴ属(2)


エゾイチゴ亜属 (ビロードイチゴ節)

ビロードイチゴ Rubus corchorifolius L.f.
岐阜県・近畿以西の本州、九州西部、及び台湾、朝鮮、中国の暖温帯に分布する落葉低木。
広島県: 沿岸部から高原面の林縁、林内に生育し、4~5月に咲く。
広島県植物誌 p.206;東城町植物誌 p.136;呉市植物誌 p.117;呉市目録 p.96;北広島町 p.197; 広島県の植物図鑑へ

ビロードイチゴ
ビロードイチゴの果実と花(右下の円内)

ナガバモミジイチゴ Rubus palmatus Thunb. var. palmatus
近畿以西の本州、四国、九州、及び朝鮮の冷温帯下部、暖温帯に分布する落葉低木。
広島県: 島嶼部、沿岸部から山地の林縁、林内に生育し、4~5月に咲く。キイチゴともいう。
広島県植物誌 p.207;植物図選Ⅳ-40;東城町植物誌 p.136;呉市植物誌 p.118;呉市目録 p.96;山野草夏 p.83;北広島町 p.198; 広島県の植物図鑑へ

ナガバモミジイチゴ
ナガバモミジイチゴの果実と花(右下の円内)

東日本に分布するモミジイチゴ (var. coptophyllus (A.Gray) Kuntze ex Koidz. )との区別は明瞭ではないため、変種としても区別しない (Naruhashi 2001, Flora of Japan 2b)。ここでは、広島県植物誌と同様に区別する立場の学名を採用した。

モミジイチゴ
(参考)モミジイチゴは葉が5裂する



エゾイチゴ亜属 (バライチゴ節)

クサイチゴ Rubus hirsutus Thunb.
本州、四国、九州、及び朝鮮、中国の暖温帯に分布する落葉低木。
広島県:島嶼部、沿岸部から高原面までの路傍、林縁に普通に生育し、4~5月に咲く。
広島県植物誌 p.207;広島野草1 p.101;東城町植物誌 p.136;呉市植物誌 p.118;呉市目録 p.96;山野草春 p.146;北広島町 p.197; 広島県の植物図鑑へ

クサイチゴ
クサイチゴの花と果実(左上の円内)

ヒメバライチゴ Rubus rosifolius Sm. ex Bake var. rosifolius
- Rubus minusculus H.Lév. & Vaniot
本州の西南部、四国、九州、及び中国の暖温帯に分布する落葉低木。
広島県:西部山間地の林縁に稀に生育し、5月頃に咲く。
広島県植物誌 p.207;植物誌補遺 p.41; 広島県の植物図鑑へ

var. rosifolius は以下の変種と区別するときの名
var. coronarius (Sims) Focke  花が重弁の栽培品
var. inermis Z. X. Yu  中国に分布し、花柄にトゲを欠く

ヒメバライチゴ
ヒメバライチゴ

コジキイチゴ Rubus sumatranus Miq.
関東以西の本州、四国、九州、及び台湾、朝鮮、中国、熱帯アジアの熱帯から暖温帯に分布する落葉低木。
広島県:内陸部の林縁、湿った陽地に生育し、5~6月に咲く。
広島県植物誌 p.209;呉市植物誌 p.119;呉市目録 p.97; 広島県の植物図鑑へ

コジキイチゴ
コジキイチゴ  暗紅色の長い腺毛が著しい


エゾイチゴ亜属 (サナギイチゴ節)

サナギイチゴ Rubus pungens Camb.
 - Rubus pungens Camb. var. oldhamii (Miq.) Maxim.
 = Rubus oldhamii Miq.
本州、四国、九州、及び朝鮮、台湾、中国、熱帯アジアの暖温帯・冷温帯に分布する落葉低木。
広島県:西部山間地に生育し、5~6月に咲く。
植物誌補遺;p.14.

サナギイチゴ
サナギイチゴ



サイトのトップ頁へ    バラ科索引へ    バラ科-5(キイチゴ属 (1))へ    バラ科-7(キイチゴ属 (3))へ