バラ科 Rosaceae-5

 バラ亜科(5) キイチゴ属(1)


フユイチゴ亜属 Malachobatus

フユイチゴ Rubus buergeri Miq.
房総半島以西の本州、四国、九州、南西諸島(トカラ列島)、及び台湾、朝鮮、中国の暖温帯に分布するほふく性の常緑低木。
広島県:島嶼部、沿岸部から高原面の林内、林縁に生育、9~10月に咲き、11月頃熟す。
広島県植物誌 p.206;東城町植物誌 p.136;呉市植物誌 p.117;呉市目録 p.95;北広島町 p.197; 広島県の植物図鑑へ

フユイチゴ
フユイチゴの果実、葉の先はとがらず、茎には密生する毛がある。

ミヤマフユイチゴ Rubus hakonensis Franch. & Sav.
本州、四国、九州、及び中国の冷温帯、暖温帯上部に分布するほふく性の常緑低木。
広島県:低地から高原面の林内、林縁に生育、9~10月に咲き、11月頃熟す。
広島県植物誌 p.206;東城町植物誌 p.136;呉市植物誌 p.118;呉市目録 p.96;北広島町 p.197; 広島県の植物図鑑へ

ミヤマフユイチゴ
ミヤマフユイチゴの果実、葉の先がとがり、茎には軟毛と刺がある。

ホウロクイチゴ Rubus sieboldii Blume
伊豆諸島以西の本州、四国、九州、南西諸島の暖温帯に分布するほふく性の常緑低木、日本固有種。
広島県:島嶼部の海岸の林縁、林床に生育、4~5月に咲く。
広島県植物誌 p.209;植物図選Ⅳ-39;呉市目録 p.97;宮島植物 p.102; 広島県の植物図鑑へ

ホウロクイチゴ
ホウロクイチゴ



コバノフユイチゴ亜属 Chamaebatus

コバノフユイチゴ、マルバフユイチゴ Rubus pectinellus Maxim.
本州、四国、九州、及び台湾、熱帯アジアの冷温帯に分布するほふく性の常緑低木。
広島県:高原面から山地の落葉樹林内に生育、5~7月に咲く。
広島県植物誌 p.208;東城町植物誌 p.137;呉市植物誌 p.119;呉市目録 p.97;山野草夏 p.84;北広島町 p.198; 広島県の植物図鑑へ

コバノフユイチゴ
コバノフユイチゴの果実、托葉が残り、葉は丸い


キイチゴ亜属 Rubus 

セイヨウヤブイチゴ Rubus fruticosus L. (広義)
- Rubus armeniacus Focke
ヨーロッパ原産、本州、四国、九州の暖温帯に帰化している落葉低木。
広島県:沿岸部に帰化。
広島県植物誌 p.206;広島外来 p.11;呉市植物誌 p.118;呉市目録 p.96; 広島県の植物図鑑へ



エゾイチゴ亜属 (ハスノハイチゴ節)

ハスノハイチゴ Rubus peltatus Maxim.
中部以西の本州、四国、九州、及び中国の冷温帯に分布する落葉低木。
広島県:芸北山地のブナ林内に生育し、6月頃に咲く。
広島県植物誌 p.208;植物図選Ⅲ-46;芸北自然 p.40;北広島町 p.198; 広島県の植物図鑑へ

ハスノハイチゴ
ハスノハイチゴの花(右下の円内)



サイトのトップ頁へ    バラ科索引へ    バラ科-4(バラ属)へ    バラ科-6(キイチゴ属 (2))へ