バラ科 Rosaceae-4

 バラ亜科(4) バラ属

広島県に自生するバラ属の検索表
和名
花序 花径 ㎜ 花柄の毛 果実形・長 ㎜ 葉色/(裏面 小葉 托葉 その他
ノイバラ 円錐 18~23 軟毛・腺毛 球・6~9 緑・無光沢 7~9・
頂やや大
櫛状 葉脈は凹む
 ツクシイバラ 30~40 紅色腺毛 深緑・光沢
ヤマイバラ 散房 30~50 軟毛と腺 球・8~10 深緑・光沢/粉白 5(~7)・頂大* 全縁 がく片は反転
ミヤコイバラ 円錐 25 腺/無 球・6~7 無光沢/粉白 5~7(9)・頂同* 全縁/
腺歯縁
茎に腺毛
ヤブイバラ 小数
束生
15 伏毛 球・4~5 黄緑 5~7・頂大 葉の裏面に毛
 モリイバラ 25 有柄腺 楕円・7~12 鮮緑/淡緑 葉は無毛
テリハノイバラ 円錐 30 無/腺毛 卵球・6~8 深緑・光沢/黄緑 5~9・頂同 歯牙縁 茎は這う
ナニワイバラ 単生 25~30 刺毛 楕円・25~30 深緑・光沢/淡緑 3(5)・頂同 果実は黄熟
* 頂大:頂小葉は側小葉より明らかに大きい、頂同:頂小葉は側小葉とほぼ同大



ナニワイバラ Rosa laevigata Michx.
中国、台湾原産(中国名:金樱子、jin ying zi)の常緑つる性木本、四国、九州、南西諸島に帰化している。
広島県:庭園に栽培され、ときに逸出するという。
広島県植物誌 p.204;広島外来 p.11;東城町植物誌 p.135;呉市目録 p.95; 広島県の植物図鑑へ

テリハノイバラ Rosa luciae Rochebr. & Franch. ex Crép.
- Rosa wichuraiana Crép.
本州、四国、九州、南西諸島、及び朝鮮、中国、台湾、熱帯アジアの冷温帯から亜熱帯に分布する落葉低木。
広島県:島嶼部から沿岸部の陽地に生育し、6~7月に咲く。
広島県植物誌 p.205;呉市植物誌 p.117;呉市目録 p.95; 広島県の植物図鑑へ

テリハノイバラ
テリハノイバラの花(左)、果実(右)、茎が地面をはい、枝が多い。
葉は小さく、上面に光沢があり、葉先はあまり尖らない

ノイバラ Rosa multiflora Thunb. var. multiflora
北海道、本州、四国、九州、及び朝鮮、中国の冷温帯、暖温帯に分布する落葉低木。
広島県:島嶼部、沿岸部から山地の明るい林縁、草地に生育し、5~6月に咲く。
広島県植物誌 p.204;東城町植物誌 p.135;呉市植物誌 p.116;呉市目録 p.95;北広島町 p.197; 広島県の植物図鑑へ

ノイバラ
ノイバラ、花の径は2cm前後、円錐花序。 葉の表面の葉脈は凹み、しわ状に見える

ツクシイバラ Rosa multiflora Thunb. var. adenochaeta (Koidz.) Ohwi
- Rosa multiflora Thunb. var. carnea Thory f. cathayensis (Rehder & E.H.Wilson) Kitam. (名の元になった Rosa multiflora Thunb. var. cathayensis Rehder & E.H.Wilson は有効名ではないらしい)
四国、九州、及び朝鮮、中国の暖温帯に分布する落葉低木。
広島県:高原面に稀に生育する。
広島県植物誌 p.204; 広島県の植物図鑑へ

ツクシイバラ
ツクシイバラ ノイバラの大型変種で、花柄に赤褐色の腺毛が密生する。

ヤブイバラ Rosa onoei Makino var. onoei
(ニオイイバラ) - Rosa luciae Franch. & Rochebr. ex Crep. subsp. onoei (Makino) Kitam.
関東地方西部以西の本州、四国、九州の暖温帯に分布する落葉低木、日本固有種。
広島県:主として高原面の林縁、原野に生育し、5~6月に咲く。
広島県植物誌 p.205;呉市植物誌 p.117;呉市目録 p.95;北広島町 p.197; 広島県の植物図鑑へ
 花径は約15mm、頂小葉は細長く、葉の軸に毛がある。

モリイバラ Rosa onoei Makino var. hakonensis (Franch. & Sav.) H.Ohba
= Rosa luciae Franch. & Rochebr. ex Crep. subsp. hakonensis (Franch. & Sav.) Kitam.
- Rosa jasminoides Koidz.
関東以西の本州太平洋側、四国、九州の冷温帯に分布する落葉低木、日本固有変種。
広島県:高原面から山地の林縁や草地に生育し、5~6月に咲く。
広島県植物誌 p.204;呉市植物誌 p.116;呉市目録 p.95;北広島町 p.197; 広島県の植物図鑑へ

モリイバラ
モリイバラ、花径は約25mm、1-2個が束生する
頂小葉は他の小葉より少し大きく、菱形から卵形、葉の軸に毛がない。

ミヤコイバラ Rosa paniculigera (Koidz.) Makino ex Momiy.
= Rosa luciae Franch. & Rochebr. ex Crep. var. paniculigera (Koidz.) Momiy. ex Ohwi
本州(静岡・新潟以西)、四国、九州の冷温帯、暖温帯に分布する落葉低木、日本固有種。
広島県:高原面から山地の湿原の縁辺に生育し、5~6月に咲く。
広島県植物誌 p.205;東城町植物誌 p.136;呉市植物誌 p.117;呉市目録 p.95;北広島町 p.197; 広島県の植物図鑑へ

miyakoibara
ミヤコイバラの花径は18~20mm位で円錐花序を作る
小葉の数は7~9、頂小葉の大きさは他とあまり変わらない

ヤマイバラ Rosa sambucina Koidz.
愛知県以西の本州、四国、九州及び台湾の暖温帯、冷温帯に分布する落葉低木
広島県:島嶼部、沿岸地から高原面に生育し、6月頃に咲く。
広島県植物誌 p.205;東城町植物誌 p.136;呉市植物誌 p.117;呉市目録 p.95; 広島県の植物図鑑へ

ヤマイバラ
ヤマイバラの茎・枝には鋭いかぎ状の刺があり、他の樹木によじ登る、
小葉は長楕円形で先が尖り、表面に光沢がある


サイトのトップ頁へ    バラ科索引へ    バラ科-3(キジムシロ属-3)へ    バラ科-5(キイチゴ属-1)へ