バラ科 Rosaceae-20

 モモ亜科(10) シャリンバイ属、シロヤマブキ属、ヤマブキ属、ホザキナナカマド属、ナナカマド属


シャリンバイ Rhaphiolepis indica (L.) Lindl. ex Ker var. umbellata (Thunb.) H.Ohashi
= Rhaphiolepis umbellata (Thunb.) Makino
- Rhaphiolepis indica (L.) Lindl. ex Ker var. integerrima (Hook. & Arn.) Kitam.
山形県・宮城県以南の本州、四国、九州、南西諸島、小笠原諸島、及び台湾、朝鮮、中国、フィリピン、 ボルネオの暖温帯に分布する常緑低木、小高木。
広島県:島嶼部・沿岸地に生育する他、緑化木として道路沿い、公園などに植栽される。4~6月に咲く。
広島県植物誌 p.204;呉市目録 p.95; 広島県の植物図鑑へ

南西諸島、済州島にはホソバシャリンバイ(var. liukiuensis (Koidz.) Kitam.)がある。 タチシャリンバイ、アツバシャリンバイは変種として分ける程の違いではない。 マルバシャリンバイはホソバシャリンバイに対する表現であって、単にシャリンバイでよい。

シャリンバイ
果実をつけたシャリンバイ



シロヤマブキ Rhodotypos scandens (Thunb.) Makino
瀬戸内海周辺、及び朝鮮、中国の暖温帯に分布する落葉低木。
広島県:備後の石灰岩地に生育する。また、広く庭園で栽培される。4~5月に咲
広島県植物誌 p.7(口絵写真)、p.204;植物図選Ⅰ-55;野の花 p.82;呉市目録 p.95植栽;植物誌補遺;p.41; 広島県の植物図鑑へ

シロヤマブキ
シロヤマブキ



ニワナナカマド Sorbaria kirilowii (Regel) Maxim.
中国原産の落葉低木(华北珍珠梅, hu bei zhen zhu mei)、庭園樹、切り枝生産のために、暖温帯から寒温帯に植栽される。
広島県:庭園樹として沿岸地に植栽される。
呉市目録 p.97.

ニワナナカマド
ニワナナカマド 中国名からチンシバイとも呼ばれる



ナナカマド Sorbus commixta Hedl. var. commixta
南千島、北海道、本州、四国、九州、及び朝鮮、極東ロシアの寒温帯、冷温帯に分布する落葉高木。
広島県:高原面から山地のブナ帯に生育し、5~7月に咲く。
東城町植物誌 p.137;植物誌補遺;p.14;北広島町 p.198;

ナナカマド
ナナカマドの花
葉の裏面や花序の褐色毛は少量で、若い間だけ見られる

ナナカマド
ナナカマドの熟果

サビバナナカマド  Sorbus commixta Hedl. var. rufoferruginea C.K.Schneid.
葉の裏面や花序に褐色の毛が密生するもので、本州中部の冷温帯に分布する、日本固有変種。
広島県植物誌 p.211;東城町植物誌 p.138;北広島町 p.199; 広島県の植物図鑑へ

ナンキンナナカマド Sorbus gracilis (Siebold & Zucc.) K.Koch
福島県・新潟県以西の本州、四国、九州の冷温帯に分布する落葉高木、日本固有種。
広島県:西部山間地の渓谷などに生育し、4~6月に咲く。
広島県植物誌 p.211;芸北自然 p.43;北広島町 p.152 & 199; 広島県の植物図鑑へ

ナンキンナナカマド
ナンキンナナカマドの未熟果
果序の基部にある托葉は大きく、半円形になり、永存性。



サイトのトップ頁へ    バラ科索引へ    バラ科-19(タチバナモドキ属・他)へ    バラ科-21(シモツケ属)へ