バラ科 Rosaceae-19

 モモ亜科(10) タチバナモドキ属、ナシ属


タチバナモドキ Pyracantha angustifolia (Franch.) C.K.Schneid.
(別名)ホソバノトキワサンザシ
中国原産(窄叶火棘, zhai ye huo ji)の常緑低木、生垣・庭木として暖温帯に植栽される。
広島県:生垣として古くから植栽されている。
呉市植物誌 p.94

タチバナモドキ
タチバナモドキの果実
葉は線状長楕円~楕円形、円頭ときに微凸形、ほぼ全縁、下面に白毛密生。果実は橙色

トキワサンザシ Pyracantha coccinea M.Roem.
南ヨーロッパ・小アジア原産(crategus)の常緑低木、庭木として暖温帯に植栽される。
広島県:沿岸部でよく植栽されている。
呉市植物誌 p.94

トキワサンザシ
トキワサンザシの花
葉は長楕円形、円頭、鋸歯縁、成葉の下面は淡色・無毛。若葉の下部、葉柄・花序軸に綿毛。

トキワサンザシ
トキワサンザシの果実は鮮やかな赤色、多くの園芸品種がある

カザンデマリ Pyracantha crenulata (D.Don) M.Roem.
(別名)ヒマラヤトキワサンザシ、インドトキワサンザシ
ヒマラヤ~中国西部原産(细圆齿火棘;細圓歯火棘, xi yuan chi huo ji)の常緑低木、庭木として冷温帯・暖温帯に植栽される。
広島県:各地で用いられている。
呉市植物誌 p.94

カザンデマリ
カザンデマリの果実は紅色から赤橙色
葉は倒皮針~長楕円形、円頭、円鋸歯縁。成葉・花序軸はほとんど無毛



ヤマナシ、ナシ Pyrus pyrifolia (Burm.f.) Nakai
- Pyrus pyrifolia (Burm.f.) Nakai var. culta (Makino) Nakai (栽培品のニホンナシ)
本州、四国、九州および中国の冷温帯、暖温帯に分布する落葉高木。
広島県:高原面の二次林中に生育する他、導入された品種が栽培されている。
広島県植物誌 p.203;広島外来 p.11;東城町植物誌 p.131;呉市植物誌 p.116;呉市目録 p.94;北広島町 p.196; 広島県の植物図鑑へ
広島県の出荷量は全国20位で、世羅町が栽培面積、出荷量共に最も多い

広島県指定天然記念物
 原田のヤマナシ 安芸高田市高宮町

市町村指定天然記念物
 ナシ      世羅町青近   昭和44年11月20日指定
 飯田のナシ   東広島市豊栄町飯田1071

ヤマナシ
ヤマナシの花

ヤマナシ
ヤマナシの果実



サイトのトップ頁へ    バラ科索引へ   バラ科-18(スモモ属-2)へ   バラ科-20(シャリンバイ属・他)へ