バラ科 Rosaceae-18

 モモ亜科(9) スモモ属

ウメ Prunus mume Siebold & Zucc.
= Armeniaca mume (Siebold & Zucc.) de Vriese
中国原産(梅, mei)、本州以南の冷温帯・暖温帯で広く栽培されている落葉小高木。
広島県:庭園、畑で栽培され、1~3月に咲く。
呉市植物誌 p.90

ウメ
ウメの花、花色は白、紅色など様々

ウメ
ウメの果実、梅漬け用には完熟前に収穫される

モモ Prunus persica (L.) Batsch
= Amygdalus persica L.
中国原産(桃, tao)、本州以南の冷温帯・暖温帯で古くから栽培され、野生化している落葉小高木。
広島県:庭園、畑で栽培され、3~4月に咲く。野呂山の岩海に野生型が報告されている。
広島県植物誌 p.202;広島外来 p.11;呉市植物誌 口絵ⅶ、p.115;呉市植物誌 p.90;植物誌補遺;p.41; 広島県の植物図鑑へ

モモ
モモの花、花色は白から紅色まである
果実を目的としない品種(ハナモモ)には八重咲きもある

スモモ Prunus salicina Lindl.
中国原産(李, li)、主に果実生産のために暖温帯から冷温帯に植栽される落葉広葉樹。
広島県:島嶼部・沿岸地から山間地で栽培され、3~4月に咲く。
広島外来 p.11;呉市植物誌 p.94.


スモモの花、花木としての園芸品種が多い

ニワザクラ Prunus glandulosa Thunb.
= Microcerasus glandulosa (Thunb.) M.Roem.
= Cerasus glandulosa (Thunb.) Loisel.
= Cerasus japonica (Thunb.) Loisel. var. glandulosa Kom. & Aliss.
中国原産(麦李, mai li)、古くから植栽される落葉低木。
広島県:庭園で栽培され、3~4月に咲く。
広島外来 p.11;呉市植物誌 p.90.

ニワウメ Prunus japonica Thunb.
= Microcerasus japonica (Thunb.) M.Roem.
= Cerasus japonica (Thunb.) Loisel.
中国原産(郁李, yu li)、古くから植栽される落葉低木。
広島県:庭園で栽培され、3~4月に咲く。
広島外来 p.11;呉市植物誌 p.91.

ニワウメ
ニワウメ

ユスラウメ Prunus tomentosa Thunb.
= Microcerasus tomentosa (Thunb.) G.V.Eremin & Yushev
= Cerasus tomentosa (Thunb.) Wall. ex T.T.Yu & C.L.Li
中国原産(毛樱桃, mao ying tao)、北海道、本州、四国、九州の冷温帯・暖温帯で庭木として栽培される落葉低木。
広島県:庭園で植栽され、果実を食べる。3~4月に咲き、6月頃に熟す。
広島外来 p.11;呉市目録 p.91.

ユスラウメ
ユスラウメ、若枝、葉柄に毛が多い。腺点は葉縁の基部にある



サイトのトップ頁へ    バラ科索引へ    バラ科-17(カマツカ属)へ    バラ科-19(タチバナモドキ属・他)へ