バラ科 Rosaceae-14

 モモ亜科(5) ボケ属、ビワ属、ヤマブキ属


クサボケ Chaenomeles japonica (Thunb.) Lindl. ex Spach
本州、九州の冷温帯、暖温帯に分布する落葉低木、日本固有種。
広島県:賀茂台地の陽地に生育する他、庭木として植栽され、3~5月に咲く。
広島県植物誌 p.196;東城町植物誌 p.131;呉市目録 p.92; 広島県の植物図鑑へ

クサボケ
クサボケの花

カリン Chaenomeles sinensis (Thouin) Koehne
中国原産(木瓜, mu gua)の落葉高木、庭木や盆栽として、主に中部地方以北で栽培される。
広島県:庭園や畑で栽培され、果実の販売もある。

カリン
カリンの若い果実

ボケ Chaenomeles speciosa (Sweet) Nakai
中国原産(皱皮木瓜;皺皮木瓜, zhou pi mu gua )の落葉低木、冷温帯、暖温帯に植栽される。
広島県: 庭木として各地で栽培され、3~4月に咲く。ときに逸出するという。
広島外来 p.11;呉市目録 p.92.

ボケ
ボケの花
葉縁に細かな鋭い鋸歯がある。花色は濃紅色から白色まで、様々



ビワ Eriobotrya japonica (Thunb.) Lindl.
本州西部、四国、九州、及び中国の暖温帯に分布する常緑高木。
広島県:果実を採取するために栽培されるが、石灰岩地などに自生状態のものが見られる。11~1月に咲き、5~6月に熟す。
広島県植物誌 p.196;広島外来 p.11; 広島県の植物図鑑へ

ビワ
ビワの花

ビワ
ビワの果実



ヤマブキ Kerria japonica (L.) DC.
北海道、本州、四国、九州、及び中国の冷温帯、暖温帯に分布する落葉低木。
広島県:高原面の古生層、石灰岩地に生育し、4~5月に咲く。また、庭園でも栽培されている。
広島県植物誌 p.197、p.198(分布図);野の花 p.81;東城町植物誌 p.131;呉市目録 p.92;北広島町 p.195; 広島県の植物図鑑へ

ヤマブキ
ヤマブキ

ヤエヤマブキ Kerria japonica (L.) DC. 'Pleniflora'
八重咲のヤマブキ、おしべ・めしべが花弁化しているので、実はできない。
広島県:庭園に栽培され、集落の跡地の林縁などに見られる。


ヤエヤマブキ 太田道灌の故事で有名であるが、勘違いが多い。



サイトのトップ頁へ    バラ科索引へ    バラ科-13d(サクラ属栽培種)へ    バラ科-15へ