バラ科 Rosaceae-13d

 モモ亜科(4) サクラ属(3e)その他の栽培種・栽培品種


ヤエベニシダレ‘八重紅枝垂’Cerasus spachiana Lavallée ex Ed.Otto 'Plana-rosea'
= Prunus spachiana (Lavallée ex Ed.Otto) Kitam. 'Plana-rosea'
= Prunus pendula Siebold ex Maxim. f. plenorosae Sugimoto
エドヒガンの枝垂れ・八重咲品種、花弁は10~20枚。仙台から広まった。
広島県:枝垂れ性が強いものが庭木としてもよく植栽され、4月上・中旬に咲く。


ヤエベニシダレの花、エドヒガンの特徴がよく現れている(宮島大元公園)

タイザンフクン‘泰山府君’Cerasus ×miyoshii (Ohwi) H.Ohba 'Ambigua'
= Prunus ×miyoshii Ohwi 'Ambigua'
ヤマザクラとシナミザクラの雑種とされる。「荒川堤の桜」の一つ、北陸・東北地方の日本海側で古くから植栽されてきた。名は「泰山府君」を祭って桜を愛でた故事による
広島県:公園等に稀に植栽され、4月中・下旬に咲く。


タイザンフクンの花(五日市町造幣局広島)

ヒマラヤザクラ Cerasus cerasoides (D.Don) S.Ya.Sokolov
= Prunus cerasoides D.Don
インド北部、ネパール、中国南部に分布する落葉高木、鑑賞用に導入された。
本種は日本産の種と違って11~12月に咲く、落葉樹でありながら、葉を着けたまま冬を越し、春に果実が熟す。そのため、寒冷地ではうまく育たない。
広島県:沿岸地、島嶼部によく植栽されている。

ヒマラヤザクラ
ヒマラヤザクラの花 ガク片が強く反り返る



サイトのトップ頁へ    バラ科索引へ    バラ科-13cへ    バラ科-14へ