バラ科 Rosaceae-13c

 モモ亜科(4) サクラ属-9 遅咲きの栽培種・栽培品種


ケンロクエンキクザクラ‘兼六園菊桜’Cerasus serrulata (Lindl.) G.Don 'Sphaerantha'
= Prunus serrulata Lindl. 'Sphaerantha'
花弁がとにかく多い八重咲、花弁数は200~300枚を超える。名は金沢市の兼六園に原木があったことから。
広島県:稀に植栽され、4月下旬~5月上旬に咲く。


ケンロクエンキクザクラ(五日市町造幣局広島)

ウコン‘鬱金’Cerasus serrulata (Lindl.) G.Don 'Ukon'
= Prunus serrulata Lindl. 'Ukon'
淡黄色の八重咲、花弁は10~20枚。名は古い色名の「鬱金色」から。
広島県:公園等に植栽され、4月下旬~5月に咲く。


ウコン(五日市町造幣局広島)

ギョイコウ‘御衣黄’Cerasus serrulata (Lindl.) G.Don 'Gioiko'
= Prunus serrulata Lindl. 'Gioiko'
淡黄緑色の八重咲、花弁は10~15枚。
広島県:稀に植栽され、4月下旬~5月に咲く。


ギョイコウはしばしば「花が緑色のサクラ」と呼ばれる。(五日市町造幣局広島)



サイトのトップ頁へ    バラ科索引へ    バラ科-13bへ    バラ科-13dへ