バラ科 Rosaceae-13c

 モモ亜科(4) サクラ属(3c)遅咲きの栽培種・栽培品種


カンザン‘関山’Cerasus serrulata (Lindl.) G.Don 'Sekiyama'
= Cerasus lannnesiana Carrière 'Sekiyama'
= Prunus lannesiana (Carrière) E.H.Wilson 'Sekiyama'
広島県:各地に植栽され、4~5月に咲く。山地の集落でよく見かけ、 農家手作りの桜漬が直売所で販売されている。
呉市植物誌 p.91.

カンザン
江戸時代の「さくら」といえば、カンザンをはじめとするサトザクラであった、
ヨーロッパやアメリカで「日本のサクラ」といえば、たいてい本品種のことである。

花はやや濃い紅色、直径5~6㎝、花弁は50枚近くになる、雌しべは葉化してもごく小さい。 八重咲きで花粉ができないため、花を塩漬けにして、「桜湯」とする。商品として全国的に流通しているものは、 神奈川県の秦野市で採花され、小田原市で漬物にされる。和名は古名の”関山”であるが、 園芸品種名は”カンザン”でなく、”セキヤマ”の読みが採用されている。

フゲンゾウ‘普賢象’Cerasus serrulata (Lindl.) G.Don 'Fugenzo'
= Cerasus lannnesiana Carrière 'Fugenzo'
= Prunus lannesiana (Carrière) E.H.Wilson 'Fugenzo'
花は淡紅色、直径4~5㎝、花弁は30枚以上、雌しべが緑色の葉状になり、花の外に突き出る。
広島県:各地の公園などに植栽され、4月中旬~5月に咲く。 最近はソメイヨシノ一辺倒が見直され、本品種もよく見られるようになった。カンザンと同様に、桜漬の原料となる。

フゲンゾウ
フゲンゾウの花には葉化した大きな雄しべがある。
これをゾウの鼻になぞらえ、象に乗った普賢菩薩の絵からこの名が付いた。

ケンロクエンキクザクラ‘兼六園菊桜’Cerasus serrulata (Lindl.) G.Don 'Sphaerantha'
= Prunus serrulata Lindl. 'Sphaerantha'
花弁がとにかく多い八重咲、花弁数は200~300枚を超える。名は金沢市の兼六園に原木があったことから。
広島県:稀に植栽され、4月下旬~5月上旬に咲く。


ケンロクエンキクザクラ(五日市町造幣局広島)

ウコン‘鬱金’Cerasus serrulata (Lindl.) G.Don 'Ukon'
= Prunus serrulata Lindl. 'Ukon'
淡黄色の八重咲、花弁は10~20枚。名は古い色名の「鬱金色」から。
広島県:公園等に植栽され、4月下旬~5月に咲く。


ウコン(五日市町造幣局広島)

ギョイコウ‘御衣黄’Cerasus serrulata (Lindl.) G.Don 'Gioiko'
= Prunus serrulata Lindl. 'Gioiko'
淡黄緑色の八重咲、花弁は10~15枚。
広島県:稀に植栽され、4月下旬~5月に咲く。


ギョイコウはしばしば「花が緑色のサクラ」と呼ばれる。(五日市町造幣局広島)



サイトのトップ頁へ    バラ科索引へ    バラ科-13bへ    バラ科-13dへ