バラ科 Rosaceae-13b

 モモ亜科(4) サクラ属(3b)春咲きの栽培種・栽培品種


ソメイヨシノ Cerasus ×yedoensis (Matsum.) A.V.Vassil.
= Cerasus ×yedoensis (Matsum.) A.V.Vassil. 'Somei-yoshino'
(栽培品種としての染井吉野の学名)
= Prunus ×yedoensis Matsum.
江戸時代に育成された園芸品種、本州、四国、九州の暖温帯に広く植栽される落葉高木。オオシマザクラとエドヒガンの雑種と推定されている。
広島県:各地の公園などに普通に植栽され、3~4月に咲く。
広島県植物誌 p.203;呉市植物誌 p.116;呉市目録 p.92; 広島県の植物図鑑へ

ソメイヨシノ
ソメイヨシノ、花は葉の展開より先に咲く
葉は広楕円形で先が急にとがり、尾状、裏面は淡緑色でほとんど無毛。
蜜腺は葉柄の上部にある。


オオシマザクラ Cerasus speciosa (Koidz.) H.Ohba
= Prunus lannesiana (Carrière) E.H.Wilson var. speciosa (Koidz.) Makino
= Prunus speciosa (Koidz.) Nakai
伊豆諸島原産で、房総半島、伊豆半島の暖温帯に分布する落葉高木。
広島県:園芸品種が各地で栽培され、3~4月に咲く。

潮風、大気汚染に強いことから、茨城県の日立鉱山の煙害地に植栽され、今日でも残っている。葉に毛がないことから葉を塩漬けにして、「桜餅」を包むのに用いる。この目的では、伊豆半島の松崎町産が著名である。

別冊記事 ⇒ サクラの分類、桜餅

オオシマザクラ
オオシマザクラのがく片には細鋸歯がある、葉縁の鋸歯は鋭く、先が細くとがる


サトザクラ Cerasus serrulata (Lindl.) G.Don
= Prunus serrulata Lindl.
- Cerasus lannnesiana Carrière
= Prunus lannesiana (Carrière) E.H.Wilson
= Cerasus serrulata Lindl. var. lannesiana (Carrière) T.T. Yu & C.L. Li
北海道南部、本州、四国、九州の冷温帯、暖温帯に植栽される落葉高木。
さくらの園芸品種のうち、「さとざくら」と呼ばれる一群は、オオシマザクラ、ヤマザクラなどの雑種から育成されたもので、 それらを一まとめにするとき、この名を用いる。半八重、八重咲きのものが多い。五日市町の造幣局広島支局構内に多品種が植栽されており、4月の一般公開「通り抜け」で見ることができる。
広島県内でよく見られる代表的な「サトザクラ」を本ページと次ページに載せる。


オムロアリアケ‘御室有明’Cerasus serrulata (Lindl.) G.Don 'Omuro-ariake'
= Prunus serrulata Lindl. 'Omuro-ariake'
半八重咲で、花弁は5~10枚、直径4cmを超える。名は仁和寺の御室御所にちなむ“京都の有明”。
広島県:稀に植栽され、4月中・下旬に咲く。


オムロアリアケ(東広島市広島大学)

ミクルマガエシ‘御車返’Cerasus serrulata (Lindl.) G.Don 'Mikurumagaeshi'
= Prunus serrulata Lindl. 'Mikurumagaeshi'
半八重咲で、花弁は5~8枚、直径5cmを超える。かつて、御水尾天皇が御車を引き返させで愛でたという。
広島県:稀に植栽され、4月中旬に咲く。


ミクルマガエシ(五日市町造幣局広島)

イツカヤマ‘早晩山’Cerasus serrulata (Lindl.) G.Don 'Sobanzakura'
= Prunus serrulata Lindl. 'Sobanzakura'
八重咲で、花弁は8~15枚、直径4~5cm。かつての「荒川堤の桜」の一つ。
広島県:稀に植栽され、4月中・下旬に咲く。


イツカヤマ(五日市町造幣局広島)



サイトのトップ頁へ    バラ科索引へ    バラ科-13aへ    バラ科-13cへ