バラ科 Rosaceae-11

 モモ亜科(2) サクラ属(1)


サクラ属 Cerasus(1)
 広義のPrunus属から分けられた属のうちのサクラ類

大場秀章が、大場秀章・川崎哲也・田中秀明(解説)・木原浩(写真)(2007)新日本のサクラ、263 pp.、山と渓谷社、東京.の中で、多くの変種、品種の整理を行っている (H.Ohba in H.Ohba et al. (2007) Flowering Cherries of Japan new edition, pp.253-254)。以下はその見解に従った。

 広島県産サクラの検索表へ

チョウジザクラ Cerasus apetala (Siebold & Zucc.) Ohle ex H.Ohba var. tetsuyae H.Ohba
- Prunus apetala (Siebold & Zucc.) Franch. & Sav. var. apetala(従来の認識)
本州(主に太平洋側)、九州(熊本県)の冷温帯に分布する落葉小高木、日本固有種。
広島県:神石高原の石灰岩地に生育し、3~4月に咲く。
広島県植物誌 p.201;植物図選Ⅲ-47;野の花 p.79;東城町植物誌 p.133; 広島県の植物図鑑へ

分布域を異にする変種
 var. apetala ミヤマチョウジザクラ 本州中部に分布
 = var. monticola (Kawas. & H.Koyama) H.Ohba)
 var. pilosa (Koidz.) H.Ohba オクチョウジザクラ 青森県から滋賀県の日本海側に分布

チョウジザク
チョウジザクラ、がく筒が長く、花弁が直角に開くので横から見ると丁の字に見える

本来、チョウジザクラの和名は Certaseidos apetala Siebold & Zucc. にあてられていたので、var. apetala をチョウジザクラとしてもよいが、和名と学名は1対1で対応するものではないので、分布域の広い方に基本和名のチョウジザクラをあて、分布の狭い変種に修飾語をつけた和名があてられている。

キンキマメザクラ Cerasus incisa (Thunb.) Loisel. var. kinkiensis (Koidz.) H.Ohba
= Prunus incisa Thunb. subsp. kinkiensis (Koidz.) Kitam.
富山県以西の本州日本海側の冷温帯に分布する落葉小高木、日本固有種。
広島県: 神石高原に生育、3~4月に咲く。
広島県植物誌 p.201;東城町植物誌 p.134;植物誌補遺;p.41; 広島県の植物図鑑へ

基本変種の var. incisa (マメザクラ、フジザクラ)は、富士山周辺に分布する

キンキマメザクラ
キンキマメザクラ、花はチョウジザクラに似ているが、がく筒は花弁と同長で無毛
葉は小さく、縁に重鋸歯がある。葉柄、葉面に毛が多い

ヤマザクラ Cerasus jamasakura (Siebold ex Koidz.) H.Ohba var. jamasakura
= Prunus jamasakura Siebold ex Koidz.
新潟県、宮城県以南の本州、四国、九州の冷温帯・暖温帯に分布する落葉高木、日本固有種。
広島県:島嶼部・沿岸地から山地に生育、3~4月に咲く。
広島県植物誌 p.201;東城町植物誌 p.134;呉市植物誌 p.115;宮島植物 p.30;呉市目録 p.91;北広島町 p.195; 広島県の植物図鑑へ

var. jamasakura は、対馬、種子島、トカラ列島に分布する変種のツクシヤマザクラ var. chikusiensis (Koidz.) H.Ohba と区別するときの名。

広島県指定天然記念物のヤマザクラ
 吉備津神社のサクラ   三次市甲奴町 昭和30年1月31日指定
 千鳥別尺のヤマザクラ  庄原市東城町 平成 6年2月28日指定

ヤマザクラ
ヤマザクラ、紅い若葉が特徴的
成葉の裏面は粉白色を帯びて無毛、葉縁の鋸歯は鋭く、先に腺点がある

ウスゲヤマザクラ Cerasus jamasakura (Siebold ex Koidz.) H.Ohba f. pubescens (Makino) H.Ohba
- Prunus jamasakura Siebold ex Koidz. f. pubescens (Makino) Ohwi
葉の両面、葉柄、花柄、ガク片に毛がある品種。
広島県、沿岸地から山間地にヤマザクラと混じって生育する。
植物誌補遺;p.14.



サイトのトップ頁へ    バラ科索引へ    バラ科-10(モモ亜科 (1))へ    バラ科-12(サクラ属 (2))へ