キンポウゲ科 Ranunculaceae 索引

 世界に62属、約2,240種が知られ、日本には21属、141種が自生する。


果実は液果(果実が多肉質か液質になり、熟しても裂けない)
 Actaea     ルイヨウショウマ

果実は袋果(袋状の果実、熟すと袋の片側が裂ける)
 Aconitum    タンナトリカブト、アズマレイジンソウ、サンヨウブシ
 Aquilegia    ヤマオダマキ
 Caltha     エンコウソウ
 Cimicifuga   オオバショウマ、サラシナショウマ
 Coptis     オウレン、キクバオウレン、セリバオウレン、バイカオウレン
 Dichocarpum   サンインシロカネソウ、トウゴクサバノオ
 Eranthis    セツブンソウ
 Semiaquilegia  ヒメウズ

果実はそう果(痩果;果実の皮は薄く、熟しても裂けない)、地上茎の葉は対生か輪生になる
 Anemone    ニリンソウ、シュウメイギク、ユキワリイチゲ、イチリンソウ、
        キクザキイチゲ、アズマイチゲ
 Clematis   ボタンヅル、ハンショウヅル、シロバナハンショウヅル、タカネハンショウヅル
        カザグルマ、クサボタン、センニンソウ、トリガタハンショウヅル
 Hepatica   ケスハマソウ
 Pulsatilla  オキナグサ

果実はそう果、地上茎の葉は互生またはない
 Adonis    ミチノクフクジュソウ、フクジュソウ
 Ranunculus  ケキツネノボタン、ウマノアシガタ、トゲミノキツネノボタン、バイカモ
        タガラシ、キツネノボタン、オトコゼリ
 Thalictrum  シギンカラマツ、カラマツソウ、マンセンカラマツ、タイシャクカラマツ
        アキカラマツ、イワカラマツ、ミヤマカラマツ、シロカネカラマツ

別冊記事: キンポウゲ科を追加


サイトのトップ頁へ     メギ科へ     アワブキ科へ