コミカンソウ科 Phyllanthaceae(APGⅢ分類体系)
トウダイグサ科 Euphorbiaceae(エングラー分類体系)-5

コミカンソウ科は、世界に58属、2,000種以上が知られ、日本には7属、23種が自生または帰化している。科名をミカンソウ科とする文献があるが、日本植物分類学会による標準和名はコミカンソウ科である。
科の和名の元はコミカンソウであって、ミカンソウではない。
エングラー分類体系ではトウダイグサ科に包含される。


ヒトツバハギ Flueggea suffruticosa (Pall.) Baill.
= Securinega suffruticosa (Pall.) Rehder
関東地方以西の本州、四国、九州、及び朝鮮、中国、モンゴル、極東ロシアの暖温帯・冷温帯に分布する雌雄異株の落葉低木。
広島県:沿岸地から高原面の草地、林縁に生育し、6~8月に咲く。
広島県植物誌 p.236;植物図選Ⅳ-50;東城町植物誌 p.153;呉市植物誌 p.132;呉市目録 p.112;北広島町 p.204; 広島県の植物図鑑へ

ヒトツバハギ
ヒトツバハギの花



コバンノキ Phyllanthus flexuosus (Siebold & Zucc.) Müll.Arg.
岐阜県以西の本州、四国、九州の暖温帯上部・冷温帯下部に分布する雌雄異花同株の落葉低木、日本固有種。
広島県:高原面から山地の林内に生育し、5月頃に咲く。
広島県植物誌 p.234;植物図選Ⅳ-49;東城町植物誌 p.152;呉市植物誌 p.132;呉市目録 p.112;北広島町 p.204; 広島県の植物図鑑へ

コバンノキ
コバンノキの若い果実

コミカンソウ Phyllanthus lepidocarpus Siebold & Zucc.
- Phyllanthus hookeri Müll.Arg.
= Phyllanthus urinaria var. hookeri (Müll.Arg.) Hook.f.
本州、四国、九州、小笠原諸島、南西諸島、及び東・熱帯アジアの熱帯から暖温帯に分布する雌雄異花同株の一年草。
広島県:島嶼部・沿岸地の畑地、路傍に生育し、7~10月に咲く。
広島県植物誌 p.235;呉市植物誌 p.132;呉市目録 p.112;北広島町 p.204; 広島県の植物図鑑へ

 本種は、熱帯アジアに分布する Phyllanthus urinaria L. と同じ、又は変種と見る意見があるが、[Flora of Japan 2c]、[新野生3]の見解に従って別種とした。

コミカンソウ
コミカンソウの果実には柄がない

カンコノキ Phyllanthus sieboldiana T.Kuros.
= Glochidion obovatum Siebold & Zucc.
近畿地方以西の本州、四国、九州、南西諸島、及び台湾、中国の亜熱帯・暖温帯に分布する雌雄異株または雌雄異花同株の落葉・半落葉低木。
広島県:島嶼部・沿岸地の林内、林縁に生育し、7~10月に咲く。
広島県植物誌 p.234;植物図選Ⅱ-58;呉市植物誌 p.131;宮島植物 p.104; 広島県の植物図鑑へ

 形態的にはコミカンソウ類とかなり違うが、分子生物学的な研究の結果ではコミカンソウ属に含めるべきとなってきた[新野生3]。本種をPhyllanthus に移した場合 Phyllanthus obovatus となるが、Phyllanthus obovatus Muhl. ex Willd. という先行名があるため、新名が作られた。(Kurosawa,T.: J.Jpn.Bot. 91:118–121, 2016 )
カンコノキ果実
カンコノキ、成木の葉と果実

カンコノキ
カンコノキの若い枝・葉

ヒメミカンソウ Phyllanthus ussuriensis Rupr. & Maxim.
- Phyllanthus matsumurae Hayata
北海道(渡島半島)、本州、四国、九州、及び朝鮮、中国、モンゴル、極東ロシアの冷温帯・暖温帯に分布する雌雄異花同株の一年草。
広島県:沿岸地から山間地の畑地、路傍に生育し、8~10月に咲く。
広島県植物誌 p.235;東城町植物誌 p.153;呉市目録 p.112;山野草秋 p.124;北広島町 p.204; 広島県の植物図鑑へ

ヒメミカンソウ
ヒメミカンソウ

ナガエコミカンソウ Phyllanthus tenellus Roxb.
- Phyllanthus corcovadensis Müll.Arg. (ブラジルコミカンソウ)
西インド洋のマスカレン諸島原産、関東地方以南の本州、四国、九州、南西諸島、小笠原諸島の暖温帯・亜熱帯に帰化している一年草。
広島外来 p.11;呉市目録 p.112;


サイトのトップ頁へ    トウダイグサ科-1(索引)へ     ミゾハコベ科へ