ハエドクソウ科 Phrymaceae-1

 APGⅢ分類体系では、ゴマノハグサ科のミゾホウズキ属、サギゴケ属を包含する。
 世界に10属、106種以上が知られ、日本には3属、6種が自生する。
サギゴケ属をサギゴケ科として独立させるという意見があり(Reveal, 2011)、邑田・米倉(2013)も支持している。
属名
エングラー分類体系 APGⅢ分類体系 Reveal, 2011
Mazus  サギゴケ属  ゴマノハグサ科  ハエドクソウ科  サギゴケ科
Mimulus ミゾホズキ属  ハエドクソウ科
Phryma  ハエドクソウ属  ハエドクソウ科


ハエドクソウ Phryma leptostachya L. subsp. asiatica (H.Hara) Kitam. f. asiatica
(北アメリカ産のアメリカハエドクソウとは亜種の関係にあり、ナガバハエドクソウを区別する)
- Phryma leptostachya L. subsp. asiatica (H.Hara) Kitam. (ナガバハエドクソウを区別しない)
= Phryma leptostachya L. var. asiatica H.Hara (アメリカハエドクソウとは同種で変種の関係にあると見なし、ナガバハエドクソウを区別しないときの学名)
北海道、本州、四国、九州、および、ヒマラヤ、インドシナ、中国、朝鮮、東シベリアの暖温帯・冷温帯に分布する多年草。
広島県:湿った林内に生育し、6~8月に咲く。
広島県植物誌 p.385;東城町植物誌 p.220;呉市植物誌 p.184;呉市目録 p.167;野の花 p.29;山野草夏 p.232;北広島町 p.234; 広島県の植物図鑑へ

ハエドクソウ
ハエドクソウ

ナガバハエドクソウ Phryma leptostachya L. subsp. asiatica (H.Hara) Kitam. f. oblongifolia (Koidz.) Ohwi
広島県植物誌 p.385;東城町植物誌 p.220;北広島町 p.235; 広島県の植物図鑑へ
広島県内では、独立種としてもよいほど、ハエドクソウとの差異が大きいとしているが、Yamazaki(1993,Flora of Japan 3a: 322)は区別できないとする。

分類と学名については 別冊記事を参照 ⇒ ハエドクソウ科を追加

ナガバハエドクソウ
ナガバハエドクソウの型


サイトのトップ頁へ     ハエドクソウ科-2へ     サギゴケ科へ     キリ科へ