ハス科 Nelumbonaceae(APGⅢ)、スイレン科(E)-3

世界に1属、3種が知られ、日本には1属、1種が自生する(化石があるので過去には自生していた)。

エングラー APGⅢ 属名 分類単位
スイレン科 スイレン科 Euryale オニバス
Nuphar コウホネ、サイジョウコウホネ、オグラコウホネ、
ベニオグラコウホネ、ヒメコウホネ
Nymphaea セイヨウスイレン、ヒツジグサ
ジュンサイ科 Brasenia ジュンサイ
Cabomba ハゴロモモ、フサジュンサイ
ハス科 Nelumbo ハス

*APGⅢ分類体系のハス科はスイレン科・ジュンサイ科とはかなり縁遠いヤマモガシ目に配置される。


ハス Nelumbo nucifera Gaertn.
本州、四国、九州、及びヨーロッパ、熱帯アジア、オーストラレーシアの暖温帯に広く分布する多年草。
広島県: 低地に栽培され、6~8月に咲く、時に逸出する。
広島県植物誌 p.163;植物誌補遺;p.10;呉市目録 p.22;北広島町 p.188; 広島県の植物図鑑へ

ハス
ハスの花と果実


サイトのトップ頁へ    アワブキ科へ    スズカケノキ科へ     スイレン科へ