ミツガシワ科 Menyanthaceae

世界に6属、39種が知られ、日本には3属、5種が自生する。

ミツガシワ Menyanthes trifoliata L.
南千島、北海道、本州、四国、九州、およびユーラシア、北アメリカの寒温帯から冷温帯、暖温帯上部に分布する多年草。
広島県:備北山地の池沼に、植栽されたものが生育している。4~8月に咲く
広島県植物誌 p.337;広島野草1 p.155;広島外来 p.12;山野草春 p.222;北広島町 p.158 & 225; 広島県の植物図鑑へ

ミツガシワ
ミツガシワ



ガガブタ Nymphoides indica (L.) Kuntze
本州、四国、九州、および東アジア、オーストラリア、アフリカの暖温帯から熱帯に分布する多年草。
広島県:島嶼部、東部沿岸地から高原面の池沼に生育し、7~10月に咲く。
広島県植物誌 p.338;広島野草2 p.112;山野草夏 p.151; 広島県の植物図鑑へ

ガガブタ
ガガブタ

アサザ Nymphoides peltata (S.G.Gmel.) Kuntze
本州、四国、九州、およびユーラシア、北アメリカの冷温帯から暖温帯に分布する多年草。
広島県:沿岸地から山間地の池沼に生育しているが、自生ではない。6~8月に咲く
広島県植物誌 p.338;呉市目録 p.152;芸北自然 p.60;山野草夏 p.150;北広島町 p.225; 広島県の植物図鑑へ

アサザ
アサザ 褐色の花穂はヒルムシロのもの


サイトのトップ頁へ     キキョウ科へ     キク科へ