シュロソウ科 Melanthiaceae (APGⅢ分類体系)-1
ユリ科 Liliaceae (エングラー分類体系)-5

 シュロソウ科は、世界に16属、約180種が知られ、日本には6属、15種が自生する。

 (エングラー分類体系ではユリ科 シュロソウ亜科)
  Chionographis シライトソウ
  Helonias   ショウジョウバカマ、ツクシショウジョウバカマ、シロバナショウジョウバカマ
  Veratrum   バイケイソウ、ホソバシュロソウ
 (エングラー分類体系ではユリ科 キジカクシ亜科)
  Paris     ツクバネソウ
  Trillium    エンレイソウ、シロバナエンレイソウ、ミヤマエンレイソウ


シライトソウ Chionographis japonica Maxim.
関東地方以西の本州、四国、九州、および朝鮮の暖温帯・冷温帯に分布する多年草。
広島県:高原面の林縁・草地に生育し、5~6月に咲く。
広島県植物誌 p.453;東城町植物誌 p.264;野の草 t.104;広島野草1 p.214;山野草夏 p.281;北広島町 p.248; 広島県の植物図鑑へ

シライトソウ
シライトソウ



西日本のショウジョウバカマ類の検索表
分類単位の和名 花色 花被片の形 花被基部 夏葉 葉形
ツクシショウジョウバカマ 淡紅~白 倒卵状楕円形
6~9mm
ほぼ平坦 微波状縁
葉面にしわ
シロバナショウジョウバカマ 淡緑
ショウジョウバカマ 濃紫~淡紅~白 倒皮針形
10~15mm
膨らむ 全縁
葉面は平坦

田中教之(1998, J.Jpn.Bot. 73:102-115)は、ツクシショウジョウバカマとシロバナショウジョウバカマとは区分できないとした。 さらに、ショウジョウバカマの白花品(シロショウジョウバカマ)との混同を避けるために、古名のコチョウショウジョウバカマを提案している。
しかし、花色で区別しないとすればツクシショウジョウバカマの名が普及しているので、それで良いのではないか。

ツクシショウジョウバカマ Helonias breviscapa (Maxim.) N.Tanaka
= Heloniopsis orientalis (Thunb.) Tanaka subsp. breviscapa (Maxim.) Kitam.
= Heloniopsis orientalis (Thunb.) Tanaka var. breviscapa (Maxim.) Ohwi
- Heloniopsis orientalis (Thunb.) Tanaka var. flavida (Nakai) Ohwi(シロバナショウジョウバカマ)
千葉県以西の本州、四国、九州の暖温帯・冷温帯に分布する多年草。
広島県:西部山間地の湿った崖面などに生育し、3~4月に咲く。
広島県植物誌 p.456;植物誌補遺 p.45*;山野草春 p.313*(*シロバナショウジョウバカマとして); 広島県の植物図鑑へ

(広島県植物誌 p.456と呉市目録 p.30のシロバナショウジョウバカマはショウジョウバカマの白花品シロショウジョウバカマであろう。 山野草春のシロバナショウジョウバカマは花色が違うだけとしているが、本種ではないかと思われる。)

ツクシショウジョウバカマ
ツクシショウジョウバカマ

ショウジョウバカマ Helonias orientalis (Thunb.) N.Tanaka
= Heloniopsis orientalis (Thunb.) Tanaka
北海道、本州、四国、および朝鮮の暖温帯・冷温帯に分布する多年草。
広島県:沿岸地から山地の湿った崖面などに生育し、3~4月に咲く。
広島県植物誌 p.455;東城町植物誌 p.264;野の草 t.18;広島野草1 p.211;呉市植物誌 p.211;呉市目録 p.30;山野草春 p.312;北広島町 p.249; 広島県の植物図鑑へ

ショウジョウバカマ
ショウジョウバカマ 白花品をシロショウジョウバカマという

ツクシショウジョウバカマとショウジョウバカマ
ツクシショウジョウバカマ(左)とショウジョウバカマ(右)の花被片の基部

野生植物Ⅰ、広島県植物誌、新野生1では、ショウジョウバカマの学名が Heloniopsis orientalis (Thunb.) C.Tanaka とされているが、 この組替えの著者は田中長三郎(1925、二三の THUNBERG 植物に就て、九州大學農學部學藝雜誌. 1: 191-209 中の p.200)であり、 命名規約の勧告(46A.4.)に従い、氏の標準略記形である Tanaka としなければならない。
なお、C.Tanaka は菌類研究者の田中千尋、N.Tanaka は本属を研究した田中教之、それぞれの標準略記形である。



バイケイソウ Veratrum album L. subsp. oxysepalum (Turcz.) Hulten
- Veratrum grandiflorum (Maxim. ex Miq.) O.Loes.
北海道、本州、四国、九州、および朝鮮、中国、極東ロシアの冷温帯上部に分布する多年草。
広島県:山間地から山地の湿地に生育し、7~8月に咲く。
広島県植物誌 p.466;植物図選Ⅳ p.6;東城町植物誌 p.272;広島野草2 p.241;山野草夏 p.279;北広島町 p.251; 広島県の植物図鑑へ

バイケイソウ
バイケイソウ 右下は春の芽生え

ホソバシュロソウ Veratrum maackii Regel
= Veratrum maackii Regel var. maackioides (O.Loes.) H.Hara
関東地方以西の本州、四国、九州、および朝鮮、中国、極東ロシアの冷温帯に分布する多年草。
広島県:高原面から山地の湿地、林縁に生育し、7~9月に咲く。
広島県植物誌 p.466;東城町植物誌 p.272;広島野草2 p.242;山野草夏 p.280;北広島町 p.251; 広島県の植物図鑑へ

ホソバシュロソウ
ホソバシュロソウ 右上:花の拡大、右下:若い果実


サイトのトップ頁へ     シュロソウ科-2へ     ビャクブ科へ     イヌサフラン科へ