キンコウカ科 Nartheciaceae (APGⅢ分類体系)
ユリ科 Liliaceae-13 (エングラー分類体系)

キンコウカ科は、世界に5属、36種が知られ、日本には2属、4種が自生する。


ネバリノギラン Aletris foliata (Maxim.) Bureau & Franch.
= Metanarthecium foliatum Maxim. (Makino & Nemoto も Aletris に移しているが、 Bureau & Franch. の方が先行)
北海道、本州、四国、九州の冷温帯・亜高山帯に分布する多年草、日本固有種。
広島県:山地の草地に生育し、7~8月に咲く。
広島県植物誌 p.451;植物図選Ⅲ-21;東城町植物誌 p261;広島野草2 p.223;山野草夏 p.287;北広島町 p.163,248; 広島県の植物図鑑へ


ネバリノギラン
ネバリノギラン 左:花時の根生葉、中:腺毛の多い若い花序の軸、右:古い果実

ソクシンラン Aletris spicata (Thunb.) Franch.
関東地方以西の本州、四国、九州、南西諸島、および朝鮮、台湾、中国の亜熱帯・暖温帯に分布する多年草。
広島県:島嶼部から沿岸地の草地、林縁に生育し、5~7月に咲く。
広島県植物誌 p.452;植物図選Ⅲ-20;呉市植物誌 p.210;呉市目録 p.29;山野草夏 p.285;北広島町 p.248; 広島県の植物図鑑へ

ソクシンラン
ソクシンラン 花序の軸に白毛が目立つ、根出葉は線形で多数(右下)



ノギラン Metanarthecium luteoviride Maxim.
= Aletris luteoviridis (Maxim.) Franch.
北海道、本州、四国、九州の暖温帯・冷温帯に分布する多年草。
広島県:島嶼部から山地の草地、林縁に生育し、7~8月に咲く。
広島県植物誌 p.452;東城町植物誌 p.261;広島野草2 p.224;呉市植物誌 p.210;東城町植物誌 p.29;山野草夏 p.286;北広島町 p.250; 広島県の植物図鑑へ


ノギラン
ノギラン 花序の軸は無毛


サイトのトップ頁へ    ユリ科(E)索引へ    カワツルモ科へ    ヒナノシャクジョウ科へ