アケビ科 Lardizabalaceae

世界に9属、40種が知られ、日本には2属、3種が自生する。

アケビ Akebia quinata (Houtt.) Decne.
本州、四国、九州、および朝鮮、中国東部の冷温帯・暖温帯に分布する雌雄異花同株の落葉つる性木本。
広島県:各地の林縁、草地に生育し、4~5月に咲く。
広島県植物誌 p.160;海山博物 p.206;東城町植物誌 p.111;呉市植物誌 p.98;呉市目録 p.70;北広島町 p.187; 広島県の植物図鑑へ

アケビ
アケビの雌花、左下は紫色の濃い雄花(上)と雌花(下)

ミツバアケビ Akebia trifoliata (Thunb.) Koidz
北海道、本州、四国、九州、および中国中部の暖温帯に分布する雌雄異花同株の落葉つる性木本。
広島県:各地の林縁、草地に生育し、4~5月に咲く。
広島県植物誌 p.161;東城町植物誌 p.111;呉市植物誌 p.98;呉市目録 p.71;北広島町 p.187; 広島県の植物図鑑へ

ミツバアケビ
ミツバアケビの穂状の雄花序と雌花、葉は3出複葉、小葉の縁には波上の鋸歯がある

ミツバアケビの果実
ミツバアケビの果実は熟すと割れて開く

ゴヨウアケビ Akebia ×pentaphylla (Makino) Makino
アケビとミツバアケビの雑種と推定される雌雄異花同株の落葉つる性木本。本州、四国、九州の暖温帯に分布、日本固有種。
広島県:各地の林縁、草地に生育し、4~5月に咲く。
広島県植物誌 p.160東城町植物誌 p.111;呉市植物誌 p.98;呉市目録 p.70;北広島町 p.187; 広島県の植物図鑑へ

ゴヨウアケビ
ゴヨウアケビの雌花と雄花、葉は5出の掌状複葉、小葉の縁には波上の鋸歯がある



ムベ、トキワアケビ Stauntonia hexaphylla (Thunb.) Decne.
関東以西の本州、四国、九州、南西諸島、および朝鮮南部の暖温帯・亜熱帯に分布する雌雄異花同株の常緑つる性木本。
広島県:低地から高原面に生育し、4~5月に咲く。
広島県植物誌 p.161;野の花 p.104;呉市植物誌 p.98;呉市目録 p.71; 広島県の植物図鑑へ

ムベ
ムベの花、葉は5出の掌状複葉、常緑;右下は販売されている果実


サイトのトップ頁へ     ケシ科へ     ツヅラフジ科へ