ムラサキ科 Boraginaceae-1

 APGⅢ分類体系ではハゼリソウ科の一部を含むが、日本の植物については違いがない。  世界に145属、2,200種以上が知られ、日本には15属、31種が自生する。
チシャノキ亜科
 Ehretia      チシャノキ
ムラサキ亜科
 Ancistrocarya   サワルリソウ
 Bothriospermum  ハナイバナ
 Cynoglossum    オニルリソウ、オオルリソウ
 Lithospermum   ムラサキ、ホタルカズラ
 Myosotis     ノハラムラサキ
 Omphalodes    ヤマルリソウ、アキノハイルリソウ
 Symphytum     ヒレハリソウ
 Trigonotis    ミズタビラコ、タチカメバソウ、キュウリグサ


チシャノキ Ehretia acuminata R.Br.
- Ehretia acuminata R.Br. var. obovata (Lindl.) I.M.Johnst.
- Ehretia ovalifolia Hassk.
- Ehretia thyrsiflora (Siebold & Zucc.) Nakai
本州(中国地方西部)、四国、九州、南西諸島、及び朝鮮(済州島)、中国、台湾、熱帯アジア、オーストラレーシア、アフリカの暖温帯から亜熱帯に分布する落葉高木。
広島県:沿岸地の渓畔に生育し、神社などに植栽される。6~7月に咲く
広島県植物誌 p.351;植物図選Ⅳ-80;東城町植物誌 p.;呉市植物誌 口絵ⅹⅵ, p.169.;呉市目録 p.152; 広島県の植物図鑑へ

市町村指定天然記念物
 東広島市  ちしゃのき   安芸津町三津上市 荒神社

チシャノキ
チシャノキ



サワルリソウ Ancistrocarya japonica Maxim.
岩手県以南の本州、四国、九州の冷温帯に分布する多年草、日本固有種(属)。
広島県:高原面から備北山地の渓谷に生育し、5~6月に咲く。
広島県植物誌 p.350;植物図選Ⅰ-79;東城町植物誌 p.203;山野草春 p.225; 広島県の植物図鑑へ



ハナイバナ Bothriospermum zeylanicum (J.Jacq.) Druce
- Bothriospermum tenellum (Hornem.) Fisch. & C.A.Mey.
北海道、本州、四国、九州、南西諸島、小笠原諸島、及び台湾、中国、朝鮮、熱帯アジアの冷温帯から熱帯に分布する一・二年草。
広島県:島嶼部、沿岸地から山間地の陽地に生育し、3~12月に咲く。
広島県植物誌 p.351;東城町植物誌 p.203;呉市植物誌 p.169;呉市目録 p.152;北広島町 p.228; 広島県の植物図鑑へ

ハナイバナ
ハナイバナ 花の直径は2-3mm



オニルリソウ Cynoglossum asperrimum Nakai
南千島、北海道、本州、四国、九州、及び朝鮮の冷温帯・暖温帯に分布する二年草。
広島県:山間地から山地の湿った林縁に生育し、6~8月に咲く。
広島県植物誌 p.351;東城町植物誌 p.204;山野草夏 p.179;北広島町 p.158 & 228; 広島県の植物図鑑へ

オニルリソウ
オニルリソウ 茎などに2mm以上の長い毛がある 小花柄は2~3㎜、果時には約5㎜

オオルリソウ Cynoglossum furcatum Wall. ex Roxb.
- Cynoglossum zeylanicum Thunb. ex Lehm.
(Echinospermum zeylanicum (Vahl) Lehm.のシノニムとして記載された無効名)
- Cynoglossum zeylanicum (Lehm.) Brand
- Cynoglossum furcatum Wall. ex Roxb. var. villosulum (Nakai) Riedl
(変種とする場合はこちらであるが、var. furcatum との違いが良く分からない)
栃木県以西の本州、四国、九州、南西諸島、及びアジア、台湾、中国、朝鮮の冷温帯から熱帯に分布する二年草。
広島県:島嶼部、沿岸地から高原面に生育し、7~8月に咲く。
広島県植物誌 p.351;東城町植物誌 p.204;呉市目録 p.152;山野草夏 p.178(小花柄が長いのでオニルリソウか); 広島県の植物図鑑へ

オオルリソウ
オオルリソウ 短い圧毛がある、小花柄は1㎜、果時でも3㎜程度と短い



ムラサキ Lithospermum murasaki Siebold
- Lithospermum erythrorhizon Siebold & Zucc.
= Lithospermum officinale L. subsp. erythrorhizon (Siebold & Zucc.) Hand.-Mazz.
= Lithospermum officinale L. var. erythrorhizon (Siebold & Zucc.) Maxim.
北海道、本州、四国、九州、及び中国、朝鮮。アムールの冷温帯に分布する多年草。
広島県:沿岸地の草地に生育し、6~7月に咲く。
広島県植物誌 p.351;植物図選Ⅲ-74;呉市植物誌 p.169;呉市目録 p.152; 広島県の植物図鑑へ

ムラサキ
ムラサキ

ホタルカズラ Lithospermum zollingeri A.DC.
北海道、本州、四国、九州、及び台湾、中国、朝鮮の冷温帯・暖温帯に分布する多年草。
広島県:島嶼部から吉備高原に生育する、石灰岩・古生層に多い。4~5月に咲く
広島県植物誌 p.351;野の草 t.35;東城町植物誌 p.204;広島野草1 p.158;呉市植物誌 口絵xⅱ, p.169; 呉市目録 p.152;山野草春 p.228; 広島県の植物図鑑へ

ホタルカズラ
ホタルカズラの花は大きく、径15-18mm


サイトのトップ頁へ    ムラサキ科-2へ     ナス科へ     モクセイ科へ