オオバコ科 Plantaginaceae-1

APⅢ分類体系のオオバコ科は、エングラー分類体系のアワゴケ科、スギナモ科と、 ゴマノハグサ科の一部。ゴマ科の一部を包含し、世界に110属、1,100種以上が知られ、日本には15属、43種が自生する。


オオバコ Plantago asiatica L.
北海道、本州、四国、九州、南西諸島、および東南アジアから中国大陸の熱帯から冷温帯に分布する多年草。
広島県:島嶼部、沿岸地から山地の路上に生育し、5~7月に咲く。
広島県植物誌 p.385;東城町植物誌 p.220;呉市植物誌 p.184;呉市目録 p.159;山野草夏 p.233;北広島町 p.235; 広島県の植物図鑑へ

広島県植物誌 p.386で ヤクシマオオバコ (Plantago asiatica L. var. yakusimensis (Masam.) Ohwi )とされた宮島産の植物はヤクシマオオバコではなく、オオバコが矮小化がしたものである[平原・他 (2010) 広島大学総合博物館研究報告2: 61]。

オオバコ
オオバコ 右は花穂の一部
本種とトウオオバコ、セイヨウオオバコの区別は果実・種子の形態を見る

ヘラオオバコ Plantago lanceolata L.
- Plantago lanceolata L. var. mediterranea Pilg., sensu Osada, Ill. Jap. Alien Pl.: 54, in nota (1972).(オオヘラオオバコ)
ヨーロッパ原産(ribwort plantain, Spitzwegerich, Plantain étroit)の多年草、北海道から南西諸島の暖温帯から冷温帯に広く帰化している。
広島県:島嶼部、沿岸地から山地の草地、路傍に生育し、5~8月に咲く。
広島県植物誌 p.386;東城町植物誌 p.220;呉市植物誌 p.184;呉市目録 p.160;広島外来 p.13;北広島町 p.235; 広島県の植物図鑑へ

ヘラオオバコ
ヘラオオバコ

トウオオバコ Plantago major L. var. japonica (Franch. & Sav.) Miyabe
= Plantago japonica Franch. & Sav
南千島、北海道、本州、四国、九州、および朝鮮南部、サハリン、クリルの暖温帯・冷温帯に分布する多年草。
広島県:島嶼部の海岸に生育し、7~8月に咲く。
広島県植物誌 p.386;呉市植物誌 p.184;呉市目録 p.160;山野草夏 p.234; 広島県の植物図鑑へ

基本変種のセイヨウオオバコ var. major はヨーロッパ原産で、北海道から南西諸島に帰化している。

ツボミオオバコ Plantago virginica L.
北アメリカ原産(Virginia plantain)の一・二年草、本州、四国、九州の暖温帯に帰化している。
広島県:沿岸地に生育し、5~6月に咲く。
広島県植物誌 p.386;東城町植物誌 p.221;呉市植物誌 p.184;呉市目録 p.160;広島外来 p.13;山野草夏 p.235;北広島町 p.235; 広島県の植物図鑑へ

ツボミオオバコ
ツボミオオバコ


サイトのトップ頁へ     オオバコ科索引へ     オオバコ科-2へ     イワタバコ科     ゴマノハグサ科へ