スグリ科 Grossulariaceae(APGⅢ)、ユキノシタ科(エングラー)

 世界に2属、約180種が知られ、日本には1属、14種が自生する。
 エングラー分類体系ではユキノシタ科のスグリ亜科に配置される。

ヤシャビシャク Ribes ambiguum Maxim.
本州、四国、九州、及び中国西部の冷温帯に分布する落葉低木。
広島県:芸北山地の樹上に生育し、4~5月に咲く。
植物誌p.192, 193(図版);山野草春 p.135; 広島県の植物図鑑へ.

ヤブサンザシ Ribes fasciculatum Siebold & Zucc.
本州、四国、九州、及び朝鮮、中国の冷温帯下部・暖温帯に分布する雌雄異株の落葉低木。
広島県:低地から高原面に生育し、4~5月に咲く。
広島県植物誌 p.191;東城町植物誌 p.129;呉市植物誌 p.112; 広島県の植物図鑑へ.

ヤブサンザシの花
ヤブサンザシの花

ザリコミ Ribes maximowiczianum Kom.
本州、四国、及び朝鮮、中国東北部の冷温帯・寒温帯に分布する雌雄異株の落葉低木。
広島県:山地に稀に生育し、5月頃に咲く。
広島県植物誌 p.191;東城町植物誌 p.129; 広島県の植物図鑑へ.

ザリコミ
ザリコミの果実

フサスグリ Ribes rubrum L.
ユーラシア大陸西部の温帯に分布する落葉低木、北海道、本州に植栽される。
広島県:沿岸部に生育し、4~5月に咲く。
広島県植物誌 p.191;広島外来 p.11; 広島県の植物図鑑へ.


サイトのトップ頁へ     ユズリハ科へ     ユキノシタ科(エングラー)索引へ