ミズキ科 Cornaceae(エングラー分類体系)-2
ガリア科 Garryaceae(APGⅢ分類体系)

APGⅢ分類体系ではアオキ属が本科に配置された。日本産の種はアオキだけなのでアオキ科とする意見があるが、元々の Garryaceae に対する標準科名はガリア科とされている。
世界に2属、25種が知られ、日本には1属、1種が自生する。


アオキ Aucuba japonica Thunb. var. japonica
北海道、本州、四国、九州、南西諸島の暖温帯・冷温帯下部に分布する雌雄異株の常緑低木、日本固有種。
広島県: 島嶼部から高原面の林床に生育する。
広島県植物誌 p.293;野の花 p.54;東城町植物誌 p.181;呉市植物誌 p.149;北広島町 p.216; 広島県の植物図鑑へ

染色体数が二倍体(2n=16)と四倍体(2n=32)のものがあり、中国地方から南西諸島に分布するのは二倍体(ナンゴクアオキ var. ovoidea Koidz.)であるという。 ⇒ 大井 哲雄:葉緑体DNA多型からみる日本列島広域分布種の分布変遷

アオキ
アオキの果実

アオキの花
アオキの雌花(左)、雄花(右)

ヒメアオキ Aucuba japonica Thunb. var. borealis Miyabe & Kudô
北海道、本州の冷温帯、多雪地帯に分布する雌雄異株の常緑小低木。
茎が斜上する小低木、葉が小さく、若芽、花序に毛が多い。
広島県: 山間地に生育するとされる。
広島県植物誌 p.293;植物図選Ⅱ-67;東城町植物誌 p.181; 広島県の植物図鑑へ

ヒメアオキの若い果実
ヒメアオキの若い果実 花(果)柄や果実表面に上向きの剛毛がある



サイトのトップ頁へ    ミズキ科-1(索引)へ    ミズキ科-3(ハナイカダ科)へ     ウコギ科へ